ある日突然左手の小指と薬指の先端から第2関節にかけて痺れが生じて、何日も直らないので、脳がやられた?と思い医者に行ったら「頸椎ヘルニア」との診断。
 「頸椎椎間板ヘルニア」というのが正式な名称なのかな?
 要は腰にも椎間板があるように、頸椎にも椎間板があり、それが加齢や外圧などにより、元々収まってたところから少し飛び出し、神経に触って症状が出るみたい。

 とはいえ、本人にとっては原因は不明の場合も多く、くしゃみしたらなったという話も聞く。
 痛みが激しいなど症状がひどい人は、ブロック注射を打ったり、手術をしたりとまでなる。
 オラの場合は痛みはなく痺れだけだったので、定期的な首の牽引と、首にカラーを巻くようにと言われ、
 しばらくしたら症状が緩和したので、カラーも止めて、牽引も止めてしまった。

 そしたら、時々思い出したように指に痺れの症状が出る。
 冬場に出ることが多いかな? 枕が硬くなって高さが変わることも一因かも。
 枕の高さが低い方が、首への負担が減るような気がして、枕も子供用のを買ってきて試したりしてる。
 最近になって、その効果なのか、暖かいからなのか、痺れの症状が緩和されてきた。
 一年中、身体のどこかどうか痛みがあったりして、その痛みとなんとか折り合いをつけつつ、我慢の日々。
 あ~あ、歳はとりたくないね~ぇ。