作品:地獄の天井 サンケイ文庫 1986
作者:ウォーレン・マーフィ
内容:「BOOK」データベースより
 負傷して退職した大統領護衛官スティーヴ・フックス。 彼が開業したボディーガードの初の依頼人、ネオ・ナチ研究家のコール教授はアメリカ到着の夜に殺された! CIAの密命をうけ、ベルリンの教授の家族を訪れたフックスを襲う奇怪な事件…。 ベルリン、ワシントン、カリフォルニアを結んで暗躍する黒い影の正体は? シェイマス賞(アメリカ私立探偵作家協会賞)オリジナル・ペーパーバック部門賞に輝く、鬼才の現代史伝奇スリラー!!

メモ:
 ネオ・ナチ研究家が出てくる時点で、予測はできていたものの、物語は死体がゴロゴロ、セックスシーンも・多くて辟易。
 本当に受賞作品なんかな?