作品:死線のサハラ 上・下 ハーパーBOOKS文庫 2018
作者:ダニエル・シルヴァ 
内容:「BOOK」データベースより
 ロンドン中心部で死者千名を超える無差別テロが発生。 首謀者は、数カ月前にワシントンDCで大規模な爆破テロを起こしたISISの大物テロリストだった。 MI6から秘密裏に協力を要請されたイスラエル諜報機関のトップ、ガブリエルは、あるフランス人実業家とテロリストの接点に注目し、 姿なき敵をあぶりだすため、南仏プロヴァンスでCIA、フランス当局を巻き込んだ合同作戦を始動させる―。

 作戦の標的はフランス人実業家の愛人で、元モデルのオリヴィア。 ガブリエルは彼女に接近すべく南仏の社交界を舞台に大胆不敵なスパイゲームを仕掛け、テロリストがモロッコに潜伏していることを掴む。 そんななか、モロッコの密輸船から化学兵器物質が見つかり、新たな攻撃の予感に各国が戦慄する。 カサブランカ、サハラ砂漠…知略躍る攻防の果て、灼熱の地で惨劇の連鎖は食い止められるのか!?

メモ:
  前作のブラック・ウィドウは、モサド長官になる過程を描いているが、今作は長官になった後の物語。
 このシリーズの特徴でもあるのが、SISやCIAなど他の情報機関と協力して作戦にあたるというもので、今回も同様。
 外れのないこの作者の作品はわりと気に入っている。 あと1作出てるな。
 ところで、作品の中で「吝嗇」という言葉が出てきた。 知らなかった言葉。 「りんしょく」と読み「ケチ」という意味だそうで、文学作品の中で使われる表現だとか。
 文学作品は読まないから、知らなかったということか?