富士山5合目に向かう富士山有料道路「富士スバルライン」が改修を終えて、6月15日(月)に再開した。
 ただし、「新型コロナウィルス感染防止対策」として台数制限が行われる。

 山梨県のHPによると、
  営業時間 : 7:00~17:00(下り終了時間18:00)
  入場制限 :【6/15~7/10】入場台数の上限値を250台とする。
        【7/11~9/10】入場台数(バス)の上限値を35台とする。
  ※自転車は通行制限台数に含まず、通行できます。

 となっている。
 スバルラインのマイカー規制は、例年、富士山の山開きに合わせて7月10日夕方から始まるので、自家用車で行けるのは今のうちとなる。

 ということで、6月15日(月)7時に再開した富士スバルラインの通行量は、227台(車・バス・自転車)となったそうな。
 茨城から来たお客さんのインタビュー記事が新聞に掲載されてた。

 富士登山が不可となったが、5合目売店は営業してる。
 新聞記事で、5合目売店内の写真が掲載されていたが、客同士の間隔を空けられるようにということで、透明な傘をさして店内を巡るように貸し出してるそう。
 面白いアイディアだね。
 少し気になったのが、雨の日の時と同じで、傘がぶつからないよう気をつけていても、気づかずに、傘の露先が当たってしまうんではないかと。
 トラブルにらないといいんだけどね。

 台数制限の数が多いか少ないかは今後の推移なんだろうけど、海外からのお客さんが望めない中で、地域経済を少しでも回していかないと、これから大変だと改めて思ったス。