少し前に朝麺用にスープストックを仕込んだ記事を書いたが、そのだしを使ってなんちゃって〇郎風のつゆにして食べることに。
 こんなつゆに、
  DSCN6140
 もやしひと袋のせて、
  DSCN6148
 そして、かえしのめんつゆぐるりとかけ回してレンチン。
 レンチンすると思った以上に嵩が減ってしまうけれど、そこはまあご愛敬。

 そして、これに合わせるそばは、富山県は石川製麺の「創業の味「極太田舎そば」の道中蕎麦」。
  道中蕎麦
 袋入り茹で麺で、これだけの極太のそばは、なかなか珍しくていいのだ。
 そば粉がどれくらいかは、まあ置いといて。

 温つけつゆにたぷり七味振って、温そばでも腰のあるというか、剛麺を朝からワシワシと喰らうのです。
 汗だくになって、前夜のアルコルも抜けて、スッキリ!

 朝飯食べない人がけこいるけど、オイラは考えられない。
 頭皮からも汗出して、体温上げて、一日を始める方が自分には合ってるな。
 さて、シャワー浴びてサッパリしましょ。

 そして半量を冷凍に回して、あとは冷蔵。
 めんつゆかえしにして、野菜を適宜追加して朝麺を食べるのみ。

 手間をかけてもあっちゅ間になくなってしまうのが難点。
 まー仕方がないな、こればかりは。