オッさんの備忘録 (ダダを捨てろ!)

一日一麺・アル中ハイマのおッさんの備忘録 読んだ小説や食べたものなどをメモします

J・ヒギンズ

ジャック・ヒギンズ ショーン・ディロンシリーズ

~ ジャック・ヒギンズ ショーン・ディロンシリーズ ~
 ヒギンズの作品で最も有名な作品は、たぶん「鷲は舞い降りた」じゃないかと。
 この作者は、名前を変えたりして、非常に多くの作品を書いているが、ナチ、IRAが絡む作品が多く、主人公がIRAの元戦士が登場する作品も多い。
 その中でも、IRAの元ガンマンであるショーン・ディロンを主人公としたシリーズが有名かと。

 翻訳されている作品は次のとおり。
  ・「嵐の眼」"Eye of the Storm"
  ・「サンダー・ポイントの雷鳴」 "Thunder Point"
  ・「密約の地」 "On Dangerous Ground"
  ・「悪魔と手を組め」 "Drink with the Devil"
  ・「闇の天使」 "Angel of Death"
  ・「大統領の娘」 "The President's Daughter"
  ・「ホワイトハウス・コネクション」 "The White House Connection"
  ・「審判の日」 "Day of Reckoning"
  ・「復讐の血族」 "Edge of Danger"
  ・「報復の鉄路」"Midnight Runner"

 最初の作品である「嵐の眼」が1992年に翻訳、わりと新しい作品群となってる。
 IRAのガンマンであったショーン・ディロンが、IRAに嫌気がさし、雇われの暗殺者として活動していて、サダム・フセインからの依頼を受けたところから物語は始まる。
 2作目の「サンダー・ポイントの雷鳴」から、イギリスの情報機関に雇われて物語は進んでいく。
 情報機関が出てくるので、スパイ小説かというと、そんな感じではなく、冒険小説に分類するのが適当かもしれない。
 作品の時代背景は少し古いが、勧善懲悪の予定調和な作品なので、安心して読めるかな。

 Amazon の中古本を見たら、「密約の地」 が3万円~7万円の値付がされてた。
 びつくり! なんでだろう?

 その翌日、Amazon の中古本を見たら、600円になてた。 
 がっくし...。 単なる表示誤りか....。

サンタマリア特命隊 ジャック・ヒギンズ

作品:サンタマリア特命隊 河出文庫 1985
作者: ジャック・ヒギンズ
内容:「BOOK」データベースより
 挫折を一度も経験したことのない男に魅力はない。 矛盾だらけの人生にぼろぼろになりながらも誇りと愛を失わない男たちが、革命の余燼くすぶるメキシコの辺境に特命を帯びて行く。 機関銃をもつ神父、IRAのガンマン、世の裏道の全てを知りつくした太っちょ実業家、言葉を失った美貌のインディオの娘、裏切りに復讐を誓った山賊の頭目-神の怒りしか存在しない荒野にくりひろげる壮絶劇。

メモ:
 登場人物しかり、物語りしかり、ヒギンズらしい作品。

ジャック・ヒギンズ 裁きの日

作品:裁きの日 ハヤカワ文庫 1983
作者:ジャック・ヒギンズ
内容:「BOOK」データベースより
 西側への亡命を援助する地下組織のリーダー、コンリン神父が東独国家保安省に誘拐された。 神父を洗脳して、組織の活動がCIAの謀略にかかわっていると公言させ、一ヵ月後のケネディ米大統領のベルリン訪問に政治的打撃を与えようというのだ。 これを察知した米国、西独、バチカンは元英国陸軍情報部員ヴォーン少佐に神父の奪還を依頼。 彼は偽装トラックに潜み、神父が幽閉された要害堅固な城へと向かった! 迫真の冒険小説

メモ:
 サイモン・ヴォーンが主人公の「非情の日」とはなんら関係性はない作品。
 洗脳という手法は当時はやったのだろうか? なんだかまどろっこしいような気がするが...。
 なぜにケネディ大統領? と思ってたら、最後に理解。 耄碌ジジイだな。

死にゆく者への祈り ジャック・ ヒギンズ

作品:死にゆく者への祈り ハヤカワ文庫 1982
作者:ジャック・ ヒギンズ
内容:「BOOK」データベースより
 天才的な銃の使い手、IRA将校のマーティン・ファロン。 警察と昔の仲間から追われる彼は、逃亡用パスポートと切符を得るためにイングランド北部を支配する暗黒街の帝王ミーアンから殺しを請け負った。 だが、犯行を敬虔な神父とその姪に知られたことから事態は一変する。 あくまでふたりをかばうファロンに、ミーアン一味は死の銃口を向けてきたのだ! 地血と暴力の世界をさすらう孤高の男の姿を描く、ヒギンズ最愛の作品。

メモ:
 この作品は、内容にもあるとおり、作者本人が一番気に入っている作品。
 人それぞれだけれど、読む側としてはそうでもないかな? 個人的な感想を言えば恋愛小説みたいな印象。
 ヒギンズ作品の一番は何んだろ? 世間的には「鷲は舞い降りた」あたりなのかな?
 あと、「暗黒街の帝王ミーアン」はどこかの作品にも出てきたような。 帝王とかでない葬儀屋だったような?
 最後は切ないな。

テロリストに薔薇を ジャック ヒギンズ

作品:テロリストに薔薇を ハヤカワ文庫 1991
作者:ジャック ・ヒギンズ
内容:「BOOK」データベースより
 KGBの命を受けて破壊活動を繰り返すテロリスト、フランク・バリイ。 彼の暗殺を決意した英国情報部は、その実行者にバリイのIRA時代の戦友ブロスナンを選ぶ。 だが彼はフランスの警官射殺の罪により、絶海の孤島で終身刑に服していた。 釈放を条件に暗殺を請け負わせるべく、情報部IRAを引退したリーアム・デヴリンにブロスナンの説得を依頼するが…。 『鷲は舞い降りた』のデヴリンが再び活躍するヒギンズの傑作長篇。

メモ:
 ファーガスン准将にリーアム・デヴリンという組み合わせは、まあ外れないか。
 気楽に読める冒険小説。

最新コメント
プロフィール

マラディエ

アクセス
  • 今日:
  • 累計:

楽天市場
Amazonライブリンク
記事検索
カテゴリー
  • ライブドアブログ