オッさんの備忘録 (ダダを捨てろ!)

一日一麺・アル中ハイマのおッさんの備忘録 読んだ小説や食べたものなどをメモします

F・フォーサイス

コブラ 上・下 フレデリック フォーサイス

作品:コブラ 上・下 角川文庫 2014
作者:フレデリック フォーサイス
内容:「BOOK」データベースより
 
「南米コロンビアから流入するコカインを撲滅せよ」。米大統領からの指令が下ったのは、「コブラ」の異名を持つ元CIA局員、ポール・デヴロー。 冷戦を戦 い抜き、対テロ戦争にも従事した男。 大統領からの全権委任状を取り付けたコブラは、「復讐者」ことキャル・デクスターを仲間に加え、任務を遂行する。 巨大 麻薬組織“兄弟団”を標的とする“プロジェクト・コブラ”が幕を開けた!国際謀略小説の巨匠による超一級エンタテインメント!

 
コロンビアの巨大麻薬カルテル“兄弟団”を殱滅するため、コブラは作戦を実行に移す。 敵組織幹部の娘を人質に裏切者リストを入手、それと同時に謀報網を駆 使して国内への密輪ルートを暴き出す。 対空用に爆撃機を配備、海上に武装艦を展開し、敵に姿を見せないまま鉄壁の組織を崩壊させてゆくコブラだったが、そ の作戦は大きな代償を強いるものだった…。 圧倒的なリアリティで描かれる、軍事サスペンスの最高峰。
メモ:
 手持ちのフォーサイス作品の最後。 主人公はアヴェンジャーに出てくるデクスターとコブラ。 
 麻薬撲滅という切り口は、フォーサイス作品の中でも異色な印象。 内容的には面白いけど、結末がなんとなく違和感。 ま、それも贅沢か。
 さて、お次は、リー・チャイルドに決定。 フォーサイスの後に読んで、どんな印象になるのかな?

 
人気ブログランキング

アフガンの男 上・下 フレデリック フォーサイス

作品:アフガンの男 上・下 角川文庫 2010
作者:フレデリック フォーサイス
内容:「BOOK」データベースより
 2006年。アルカイダ幹部が逮捕劇中に死亡、そのパソコンからテロ計画書が発見される。 世界を未曾有の恐怖に陥らせる大規模テロ。 だが、米英謀報部がどれほど手を尽くしても詳細は不明だった。 そこで、1人の男に白羽の矢が立つ。 マイク・マーティン―かつて湾岸戦争の際にバグダッドへ潜入し、任務を成功させた褐色の元SAS将校が再び敵地へと送り込まれることになる!円熟の著者が放つ、軍事スリラーの金子塔。

 アルカイダという閉鎖的組織への潜入を成功させるために取られたのは、替え玉作戦。 現在は収監中のタリバン戦士、イズマート・ハーンに成りすまし、アラブ世界へ身を投じたマイクは、着々と進行するテロ作戦の実行部隊の一員となる。 潜り込んだ先は、船。 この船で一体、どんなテロを起こそうとしているのか? 折しも、豪華客船に各国要人が集うG8の開催日が近づいていた…。 混迷の現代社会に警鐘を鳴らす、超一級の物語。
 円熟の著者が放つ、軍事スリラーの金字塔。
メモ:
 パリに続き、容疑者逮捕のすぐ後で、爆弾テロが起こった。この作品の40頁に、「1990年以降1万9千という白紙のパスポートが盗まれたというベルギー政府公式発表があった」という趣旨のくだりが出てくる。
 事実なら、容易に白紙パスポートが手に入ったわけで、また地理的な要素もあり、テロリストの拠点となっているのもうなずける。
 読み始めたら、前に似たような作品があったな、と思ったら、サダム・フセインのクエート侵攻を題材にした「神の拳」の主人公が、再登場する作品。
 あと1作でとりあえずフォーサイスは終了。

 
人気ブログランキング

アヴェンジャー 上・下 フレデリック フォーサイス

作品:アヴェンジャー 上・下 角川文庫 2008
作者:フレデリック フォーサイス
内容:「BOOK」データベースより
 1995年。ボスニアで一人のアメリカ人青年が消息を絶ったことが、全ての始まりだった…。 2001年。ベトナム帰還兵のデクスターは、退役後、弁護士をしながら、“アヴェンジャー”というコードネームで「人狩り」の仕事を請け負っていた。 今回の依頼は、ボスニアで孫を殺害した犯人を捜してほしい、という財界の大物エドモンドからのもの。 そしてこの依頼こそが、世界を“9.11”へ向かわせる引き金だった…。

 エドモンドはかつての戦友の上院議員を通じてCIAにも問い合わせるが、犯人の所在は入念に秘匿されていた。 青年虐殺の容疑で行方を追われるこの男こそ、ビン・ラディン逮捕計画のキーマンなのだ。 その時がくるまで、必ず安全に泳がせ続けねばならない…。 そして、アヴェンジャーとCIA捜査官の命運は、男が隠棲する南米の地で、遂にクロスする―。 戦争に彩られた半世紀を描ききった、軍事スリラーの傑作。
メモ:
 トンネルネズミが主人公の物語。 上・下刊にしなくてもいいんでね?くらいの比較的薄い作品だが、中身は濃い。
 司法取引ではないが、より多くの人の命を救うためなら、一人の人間の罪は目をつぶる、といった按配の内容で、敵は身内にいるのはいつの世も一緒か。
 
虐げられたり、貧困に喘いでいる国や人は、豊かな国や手を差し伸べてくれた相手を憎悪するというのは皮肉だが、実際にそうなんだと考えさせられる。

 
人気ブログランキング

イコン 上・下 フレデリック フォーサイス

作品:イコン 上・下 角川文庫 1998
作者:フレデリック フォーサイス

内容(「BOOK」データベースより)
 1999年。天文学的なインフレに見舞われた瀕死のロシアに、一人の政治家が彗星のように登場した。 イゴール・コマロフ。 このカリスマ性溢れる情熱的な雄弁家は、冷静な戦略家でもあり、国民の圧倒的な支持を得、次期大統領の座は確実だった。 ある日、在露英大使館に不審な文書「黒い宣言」が投げ込まれる。 そこには醜悪ともいえる過激ナショナリズム政策が記されていた。 英情報部はあることに疑念を募らせる。 そして数日後、コマロフの側近が死体となって発見された…。 混迷する近未来ロシアを巨匠が大胆に描く、超大型スリラー。

 コマロフの野望は阻止されねばならない。 英情報部は元CIAのジェイスン・モンクに白羽の矢を立てる。 彼にはかつてソ連に苦杯を喫し、
CIAを追われるという苦い過去があった。 が、対露工作に関して、彼の右に出る者はいない。 英情報部の作戦は、繊細を極めた。 単なる暗殺では、第二のコマロフを誕生させるだけだ。 モスクワに潜入したモンクは世論に影響力を持つ四人の人物に接触を始める。 が、追手はすぐに迫ってきた。 現役時代の宿敵、元KGBで、今やコマロフの右腕となったグリシンだった…。 諜報小説の巨匠が二十五
年の万感を込めて描く、絶筆作品。

メモ:
 フォーサイスの作品としては、かなりの長編。
 ロシアという国の体制や人々の思考、歴史などを学ぶことができるような内容で、物語も結末に向かって様々な仕掛けが散りばめられてあり、とても興味深く読めた。
 あと残ってるのは3作品となり、この作者の次に読む作品は、誰の作品をチョイスすればいいのか悩んでしまうな。

 人気ブログランキング

神の拳 上・下 :フレデリック フォーサイス

作品:神の拳 上・下 角川文庫 1996
作者:フレデリック フォーサイス
内容:「BOOK」データベースより
 1990年、イラクに技術協力していたロケット砲弾開発の世界的権威ジェラルド・ブル博士がブリュッセルで暗殺された。 数日後、サダム・フセインはクウェートに侵攻。 アメリカを中心とする多国籍軍は、サウジアラビアで戦闘の準備を進めた。その頃、イラクからの電波が傍受された。 「“神の拳”がまもなく手に入る」。“神の拳”とはなにか?フセインは何を考えているのか?―学者や諜報機関のベテランが情況分析を試みる。 その結果、詳細な情報入手のため、ある男にバグダッド潜入員として、白羽の矢を立てた―。 徹底した取材とストーリー・テリングの天賦の才が結実した、迫真の傑作長編。

 褐色の肌の英国軍将校マイク・マーチンはインド人の母と英国人の父を持ち、少年時代をバグダッドで過ごした。 彼はアラブ人を装い、空爆が始まったバグダッドに潜入する。 多国籍軍は最新ハイテク技術でイラク軍戦力を完璧に把握していると思われていた。 が、多くの戦争設備は偽装によって隠されていた。 マーチンはかつて級友と遊んだ街で、活動を開始した。 イスラエルが抱えるサダム政権内のスパイ“ジェリコ”に接触し、“神の拳”の正体を暴き、その使用を阻止するために。 フォーサイスは史上初の衆人環視下の戦争“湾岸戦争”を通して告発する。 事実は報道された通りではないのだと。

メモ:
 先日水没させた作品がこちら
 この作品の中で語られていることが真実だとしたら、大量破壊兵器を破壊するため、という大義名分とは違っていた? というか重宝の世界は語られないし、大義名分がなければ議会・国民を納得させることはできないので、史実はかなり違うんだろうね。
 面白いのが西欧的発想とアラブ諸国の発想は全く異なることがよくわかり、興味深かった。

 
人気ブログランキング
最新コメント
プロフィール

マラディエ

アクセス
  • 今日:
  • 累計:

楽天市場
Amazonライブリンク
記事検索
カテゴリー
  • ライブドアブログ