オッさんの備忘録 (ぐだぐだな日々)

一日一麺・アル中ハイマのおッさんの備忘録 読んだ小説や食べたものなどをメモします

C.トーマス

闇の奥へ 上・下 クレイグ・トーマス

作品:闇の奥へ 上・下 扶桑社ミステリー 1989 
作者:クレイグ・トーマス
内容:「BOOK」データベースより
 SIS長官ケネス・オーブリーは二年ほど前からKGB副議長カプースティンとヨーロッパ各地で秘密裡に接触を重ねていた。 カプースティンから亡命の希望がよせられ、二人はその条件や手はずを話し合っていたのだ。 接触は組織を離れた個人的なもので、カプースティンはつねに独り、オーブリーのほうも工作員のハイドを随行させただけだった。 ところが、話も煮詰まった冬のウィーンでの接触で、KGBの副議長は不意に亡命の意志を翻した。 その直後、オーブリーはソ連のスパイとしてバビントン率いるMI5に逮捕されてしまう。 
〈涙のしずく〉というコードネームを持つソ連のスパイである、というのが彼に着せられた容疑だった。 あやういところで、逮捕をまぬがれた部下のハイドは、敵味方の両組織から命をねらわれながら、オーブリー逮捕の手懸りを求め、救出にのりだした。

 オーブリー逮捕劇の真相とは? ウィーンのKGB駐在官を拉致したハイドは、その男から驚くべき人物の名前を聞き出した。 ペトルーニン。 オーブリーのために大失態を演じ、アフガニスタンに左遷されたKGBの大佐だ。今回の〈涙のしずく〉作戦はペトルーニンが考案した謀略だというのだ。 KGB上層部は彼をアフガニスタンへ追いやりながらも、その計画だけは取り上げ、いまそれを実行に移したのだ。 だが、計画の全貌は発案者のペトルーニン本人から聞き出さなければならない。 ハイドは宿敵を求めて単身、戦乱のアフガニスタ
ンへ飛んだ。 繊細な野獣に変身した工作員ハイドが、駆け、吠え、襲い、逃げ、殺し、恐怖に身を震わせ、苦痛に身をよじり、ウィーン、アフガニスタン、チェコスロヴァキアと、地獄のなかを疾走する。

メモ:
 やぱ、文庫本は手にすっぽり収まって読みやすいね。
 ジェイド・タイガーの影に続く、オーブリーとハイドの物語。 スパイを転向させ、二重スパイに仕立てる試みというのは、昔から多かった話なのか?
 ヒューミントによる虚々実々の駆け引きみたいなのが、スパイ小説の醍醐味だと思うが、この作者の作品は、それプラス、諦めずに前に突き進む人物がとても生々しく、また生き生きと描かれているのでどんどん引き込まれる。
 10作目となるこの作品は、すこぶる出来がいいと思うね。


 
人気ブログランキング

ジェイド・タイガーの影 クレイグ・トーマス

作品:ジェイド・タイガーの影 ハヤカワノヴェルズ(単行本) 1987
作者:クレイグ・トーマス
内容:「BOOK」データベースより
 時あたかも東西ドイツ再統一に関するベルリン条約の締結の日が迫り、いよいよベルリンの壁もとりはずされんとしていた。 ところが、この条約の立役者である西独首相の右腕ツィメルマンが実はソ連の操り人形であることを示す情報が流れ、統一ドイツの実現も怪しくなりはじめた。 果してツィメルマンは二重スパイなのか? ドイツ統一条約をめぐって各国の思惑がうごめき、舞台も香港から中国、オーストラリア、ドイツ、スペインへと飛んで、熾烈なスパイ戦が展開してゆく!

メモ:
 通勤途中で読む場合だけでなく、ハードカバーの単行本は、手に収まらなくて堅くて、ホント読みにくい。
 それだけでイライラしてしまい、作品の内容まで悪く感じてしまう。 商売上、単行本・文庫本の売り分けは必要かもしれないが、文庫本にしておくれ。 って作品の内容は?
 東西ドイツ統一に係るお話し。 なかなか面白い角度から描いている。 


 
人気ブログランキング

レパードを取り戻せ 上・下 クレイグ・トーマス

作品:レパードを取り戻せ 上・下 ハヤカワ文庫NV 1992
作者:クレイグ・トーマス
内容:「BOOK」データベースより
 アメリカとNATOの依頼を受けた英国は、ソ連がバレンツ海に敷設したソナー網の位置をつかむために、画期的な対ソナー装置〈レパード〉を搭載した原子力潜水艦プロテウス号を出航させた。 そんな折り、〈レパード〉を開発した科学者クインが突如失踪した。 ソ連側に拉致された可能性は充分にある。SISの工作員ハイドは捜査を開始する。 やがて重大な事態が起こった。 プロテウス号がソ連の周到な罠に落ち、捕獲されたのだ。

 プロテウス号は、バレンツ海に面したソ連の軍港に曳航された。 機密を守るために、〈レパード〉を一刻も早く取り戻さなければならない。 奪回作戦の指揮をとるSISの副長官オーブリーは、アメリカ海軍情報部のクラーク大佐をその軍港に潜入させる。 そして彼を援助すべく自らも、連れ戻したクインと共に対潜哨戒機に乗って飛び立った。 北の海に展開する息づまる奪回作戦の成否は? 名手がスリリングに描く傑作冒険巨篇。

メモ:
 ケネス・オーブリーとパトリック・ハイドが揃って出てくる最初の作品。 でも今回の主役はアメリカ海軍情報部のクラーク大佐なのかな?

 人気ブログランキング

狼殺し クレイグ・トーマス

作品:狼殺し 河出文庫 1986
作者:クレイグ・トーマス
内容:「BOOK」データベースより
 1944年、解放直前のパリに潜入したイギリスの情報部員がゲシュタポに逮捕された。 仲間を裏切って敵に密告したやつがいる。 彼は復讐を誓った。 苛酷な拷問に耐え、決死の脱出をはかって彼は奇跡的に生き延びた。 19年後、ふとした偶然から、彼の眠っていた記憶が甦った。 復讐の機会が向こうからやってきたのだ。 裏切り者には死を。 虚々実々の情報合戦の舞台裏を描く大冒険スパイ小説。

メモ:
 イギリス情報部のソビエトの浸透ものは数多い。 中でもクレイグ・トーマスらしい仕立て。

 人気ブログランキング

無法の正義 クレイグ・トーマス

作品:無法の正義 新潮文庫 1999
作者:クレイグ・トーマス
内容:「BOOK」データベースより
 酷寒のシベリアの町ノヴィ・ウレンゴイは、外国企業が支配しマフィアが暗躍する無法地帯だ。 すさみきったこの町で、アメリカ国籍の会社重役が射殺された。 くすぶり続ける正義感を持てあます中年刑事ヴォロンツィエフ、愛娘を麻薬に奪われたゴロフ捜査官らは、はるかヴェトナム戦争に遡る大規模な陰謀を掘り起すことになった。 記録的な雪嵐の中、凄絶なサバイバル・ゲームが始まった。

メモ:
 ノヴィ・ウレンゴイというのは架空の町か?と思ったら、実在する町だたのね。地図見たら、カラ海に近いとても寒そうな場所。 資源があるから人がいるのか?
 この作者の作品でロシアを舞台にする作品も何か不思議な気もするが、ロシアは普通敵国として描かれるから、何ら不思議でもないか?

 人気ブログランキング
最新コメント
プロフィール

マラディエ

アクセス
  • 今日:
  • 累計:

楽天市場
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
記事検索
カテゴリー
  • ライブドアブログ