オッさんの備忘録 (ぐだぐだな日々)

一日一麺・アル中ハイマのおッさんの備忘録 読んだ小説や食べたものなどをメモします

C.フォーブス

グリーク・キイ 上・下 コリン・フォーブス

作品:グリーク・キイ 上・下 扶桑社ミステリー文庫 1990
作者:コリン・フォーブス
内容:「BOOK」データベースより
 英国情報部次長ツイードのもとに、南西ヨーロッパ担当のハリー・マスターソンがギリシャで死んだという報がもたらされた。 一見事故死のようだが殺された公算が強い。 ハリーの足跡を追ったツイードは、彼が第二次大戦中のカイロおよびギリシャのシロス島で起こった未解決の殺人事件を私的に調査していたことを知る。 二つの事件に関わりのあった英国軍の元コマンド兵3人が、現在ともにサマセット州に居を構えていて、ハリーは彼らを探っていた。 さらにハリーが生前行動を共にしていたギリシャ人美女の存在も確かめられ、ツイードは部下をギリシャに派遣するとともに、自らサマセット州に乗り込んでいく。 40年以上も前の殺人事件に、情報部員を死に至らしめるほどの謎が潜んでいたのだろうか?

 伝説的なギリシャ人レジスタンス、ペトロス・ガヴァラス―現在80歳の彼は、40年前に殺された息子の復讐のために生きている。 ハリーと接触した孫娘クリスチーナや息子のアントンを使って、元コマンド兵3人を探らせているが、アントンは父を欺き、ギリシャ・イギリス・ソ連を結ぶ大陰謀に加担していた。 彼は再興された秘密組織グリーク・キイの一員として、ソ連保守派からの指令を実行に移そうとしているのだ。 指令を発するのはソヴィエトの参謀総長代理ルチャルスキー将軍で、彼は一連の改革を推進するゴルバチョフをサミット途上のイギリスで暗殺する計画をたてていた。 ペレストロイカ危うし! さらにまた、イギリスにおけるグリーク・キイのリーダーとは何者? 好評コリン・フォーブス第4弾。 

メモ:
 最初は、単に第二次大戦中の事件を調査していくだけのような話から、一気にスケールが大きく展開するようになるのは、お得意なパターンか?
 この作者の作品は、ジャック・ヒギンズに似てるのかな~。 天気が良くない時の暇つぶしにはいいでないかな。

  人気ブログランキング

デッドロック 上・下 コリン・フォーブス

作品:デッドロック 上・下 扶桑社ミステリー文庫 1989
作者:コリン・フォーブス
内容:「BOOK」データベースより
 英国情報部(SIS)のツイードにサッチャー首相から呼び出しがかかった。 首相の話は驚くべきもので、こともあろうに、ソ連軍事情報本部(GRU)のルイ センコ将軍に会えというのだ。 サッチャー首相にソ連共産党書記長ゴルバチョフから極秘の依頼があったらしい。 詳細は宿敵ルイセンコの口から直接聞かなけれ ばならない。 ツイードは会談の場所スイスのチューリッヒへと飛んだ。 ルイセンコの口から明かされた極秘の話は次のような内容だった。 以前GRUの中で将来 を嘱望されていたイゴール・ザーロフという男がいた。 年齢34歳。 独仏伊英米語を流暢に話し、その風貌は独仏米いずれの国の人間としても通用する。しか も、ずば抜けたオルガナイザーで爆発物の専門家。 この男が2年前、勤務地の東ドイツで姿を消した。GRUを離脱して単独で西側に潜入、テロを企んでいる。
 

 GRUを離脱し単独で西ヨーロッパに潜入した謎の男。 ソ連側にとって、この事実がアメリカ側に知られることは非常にまずい事態になるのだ。 東西の緊張緩和 が一気に逆戻りしてしまう―。 男と関係がありそうな情報がヨーロッパ各地から集り始めた。 捜査線上にクラインなる男の名前が浮かんだ。 クラインの行く所、 死体が累々と残されるのだ。 まるで大虐殺のようだ。 だが、男の目的は一体なんなのか? ツイードとその友人ボブ・ニューマン、そしてヨーロッパ各国の情報部 が謎の男を追って行く。 フランス、ルクセンブルグ、ベルギー、オランダを舞台に展開する好評のツイード・ニューマン・シリーズ第四弾!!

メモ:
 ニューマンとツイードの物語4作目? 
冒頭で宿敵ルイセンコとの会談からスタートするという、突拍子もないところからの、スケールとスピードの大きな作品となってる。 また、ニューマンの本職は?という活躍を続けているが、SISからの報酬はいいのか?と、かつまらにことを想像してしまう。

  人気ブログランキング

ヤヌスの顔 上・下 コリン・フォーブス

作品:ヤヌスの顔 上・下 扶桑社ミステリー文庫 1988
作者:コリン・フォーブス
内容:「BOOK」データベースより
 英国情報部(SIS)次長ツイードは部下のイアン・ファーガソンをハンブルグで失った。 何者かの手によって殺害されたのだ。 ファーガソンのハンブルグ行きを知っていた者は(SIS)内部で6人。 ツイードと秘書のモニカを除けば、ヨーロッパの各地責任者4人に絞られる。 この4人の中に裏切り者がいる…。 そしてもちろん、裏切り者の始末は内々に行なわなければならないのだ。 東西ドイツ国境をはさんで繰り広げられる息づまる東西の暗闘!

 二重スパイを追い求めて西ドイツへ渡ったツイードとニューマン。 一方これを好機と見た東側はツイード暗殺計画を実行に移し、刺客を放った。 それを指揮する人物は、ツイードの宿敵(GRU)のワシリー・ルイセンコ将軍だった…。 刺客の襲撃を危ういところでかわしたツイードは執拗な東側の尾行をまいてロンドンへ戻った。 そしてニューマンは謎の男ドクトル・ベルリンの正体をつきとめるべく東ドイツへ潜入。 ところがそのころ、東側はルイセンコの指揮のもと第2の計画に着手していた。 大量のヘロインを英国に運び込み、国内の混乱を画策していたのだった!

メモ:
 ニューマンとツイードの物語。 初めて聞くドイツ北部の街が舞台。 
顔のない亡命者で対決した、ルイセンコ将軍が敵となる。
 今回はダブル・スパイが誰かというのを最後までうまく隠したので、飽きずに胃読み進められた。
 上巻の306頁に、「おまえたちはチャンスの到来を見ようとしない。 それでは運は逃げてしまう。 チャンスが来たら、そいつを見るんだ。そいつをつかむんだ。やるんだよ・・・・・。」というセリフが印象に残った。

  人気ブログランキング

顔のない亡命者 コリン・フォーブス

作品:顔のない亡命者 扶桑社ミステリー文庫 1988
作者:コリン・フォーブス
内容:「BOOK」データベースより
 1984年8月30日ロンドン。 国際ジャーナリストのニューマンは彼の新妻アレクシスが車にひき殺されるフィルムを見いてた。 それは〈プロケインから手を引け〉というメッセージとともに郵送されてきた。 さらにその直後、ニューマンは生前のアレクシスが出した航空便を受け取った。 消印はヘルシンキ。 その手紙にもプロケインなる人名が書かれていた。 ニューマンは消印の地ヘルシンキへ飛んだ。 ほぼ同じ頃、英国情報部(SIS)、そしてソ連の(GRU)も動き始めた。 謎の人物プロケイン狩りが始まったのだ。 そして彼らがつかんだ情報は、プロケインは重要な機密を持って合衆国からソ連に亡命をはかっている、というものだった…。 もしプロケインの亡命が成功したら、合衆国大統領選で再選をねらうレーガンは大打撃を受ける…。 北欧を舞台にくりひろげられる冒険スパイ・アクション。

メモ:
 「ターミナル計画を潰せ」に続く、ニューマンとツイードの物語。 東欧が舞台。 東欧に関しての情報は頭にほとんどないので、本当のところは定かではないが政治情勢とかはそうなんだ?へ~な印象。
 どーでもいい話だが、今なら上下巻にする厚さの作品で、読んでいて重い。
 最後は思っていたとおりの予定調和のような結末。 とはいえ、作品はそこそこのスピードで読む事ができたのでよしとしましょ。

  人気ブログランキング

アバランチ・エクスプレス コリン・フォーブス

作品:アバランチ・エクスプレス ハヤカワ文庫 1983
作者:コリン・フォーブス
内容:「BOOK」データベースより
アメリカと内通するKGBの一高官が、ついに亡命を決意した。 報せを受けた大統領直属の特殊チームのメンバー、ウォーグレイブらは彼をアメリカに迎え入れるべく、一路ルーマニアへと向かう。 だが、折りしも全ヨーロッパは豪雪に見舞われ空港はすべて閉鎖、一向はミラノからアムステルダムまで大陸縦断急行を使わねばならなくなってしまった。 銃撃、爆破による雪崩、テロリスト--- KGBが次々と仕掛ける執拗な罠に、西側情報部の協力を得て立ち向かう彼らの運命は?卓越した着想と壮大なスケール---豪快な筆致で描き上げる痛快冒険アクション

メモ:
 コリン・フォーブスのヤヌスの顔の上巻を2冊購入というへまをし、下巻補充のための発注に時間がかかったものの、ついでに購入した同作家の作品。 
 アバランチ=雪崩
というのを初めて知った。 飛行機から列車へと執拗なチェイスはスピード感がある物語に仕立てるこの作家らしい。
 そうそう、この作品に出てくる地名などのカタカナ表記が?なのが多い。
  ジュッセルドルフ ⇒ デ
ュッセルドルフ
  アンダーマット 
 ⇒ アンデルマット 
  キアンチ       ⇒ キャンティ など。 面白いね。

  人気ブログランキング
最新コメント
プロフィール

マラディエ

アクセス
  • 今日:
  • 累計:

楽天市場
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
記事検索
カテゴリー
  • ライブドアブログ