オッさんの備忘録 (ダダを捨てろ!)

一日一麺・アル中ハイマのおッさんの備忘録 読んだ小説や食べたものなどをメモします

B・アイスラー

雨の影 バリー・アイスラー

 作品:雨の影 ヴィレッジブックス

 作者:バリー・アイスラー

 内容:「BOOK」データベースより
  日米ハーフの殺し屋ジョン・レインがピアニストのみどりと別れてか
 ら約1年。その間、彼は大阪に潜伏していた。が、ある日、ついに警察
 庁の部長タツに発見される。そして、腐敗した日本の改革に傾注する
 タツの依頼を断りきれず、レインはふたたび東京に戻る決意を固めた
 --新たな暗殺を遂行するために。 だが、標的は想像以上に危険
 で、レインの周囲にはやがて死の影が忍び寄る。しかも、いつしかCI
 Aまでが暗躍しはじめていた……。世界中で絶賛された『雨の牙』に
 つづき、孤高の暗殺者レインが活躍するサスペンスの白眉!

 メモ:
  前作に続き日本が舞台の作品。日本の政治や経済の構造に詳しい
 作者。あと2作「雨の~」シリーズが出版されてるから、読んでみるか。
  

雨の牙 バリー・アイスラー

 作品:雨の牙 ヴィレッジブックス

 作者:バリー・アイスラー

 内容:「BOOK」データベースより
  山手線の車内で男は突然くずれおれ、絶命した。それを見届けて、
 ジョン・レインは電車を降りた---作戦完了。日米ハーフの男レイ
 ンは、東京で幾度も政治がらみの暗殺を手がけてきた凄腕の殺し屋
 だった。ある夜、彼は美貌のピアニストみどりと出会い、心を奪われ
 る。意外も、彼女はレインが山手線で殺した男の娘だった。しかし、
 やがてレインが依頼されたのはみどりの暗殺。彼女を救う唯一の手
 段は、政界に潜む依頼主の謀略をレイン自ら暴くことだった!東京
 の夜に謎と裏切りが輻輳し、愛と悲しみがたゆたう---全世界が
 注目する究極のハード・サスペンス!

 メモ:
  前回読んだ時は、何となく今ひとつな印象だったが、読み直してみ
 ると、わりと面白く感じた。舞台が日本だったからなのかな?日本に
 数年滞在してたことのあるだけでなく、日本の社会のことにも詳しい
 内容の作品となっている。
最新コメント
プロフィール

マラディエ

アクセス
  • 今日:
  • 累計:

楽天市場
Amazonライブリンク
記事検索
カテゴリー
  • ライブドアブログ