オッさんの備忘録 (ダダを捨てろ!)

一日一麺・アル中ハイマのおッさんの備忘録 読んだ小説や食べたものなどをメモします

D・リンジー

狂気の果て デイヴィッド・リンジー

作品:狂気の果て 新潮文庫 1995
作者:デイヴィッド・L・リンジー
内容:「BOOK」データベースより
 ヒューストン警察のヘイドン刑事はリーナを行方を追っていた。 両親の反対を押して、以前平和部隊員として赴任したグアテマラに戻った彼女は、そこで大きな犯罪組織に巻き込まれたらしい。 両親に雇われて現地入りした私立探偵も、姿を消した。嘘と裏切りが横行する国で、リーナに何が起きたのか。 必死に真実の断片を繋ぎ合わせるヘイドンの前に、リーナの意外な素顔が浮かび上がる。

メモ:
 ヒューストン警察シリーズ3作目。 ヘイドン刑事が再登場。
 物語の最初は読みにくかったが、グアテマラに舞台が移ってからは読みやすくなった。
 実はグアテマラがどのあたりにあるか知らなかったし、南米と思ってたら、中米だった。
 物語は、1986年にセレソ大統領が就任し、20年振りの軍支配から、民政移管をした後の話。 長い内戦の後に軍から公選の大統領が就任しても、ゲリラと軍の衝突は収まらない状況で、アメリカの介入の内情を描いているというところか。

 人気ブログランキング

悪魔が目をとじるまで 上・下 デイヴィット・リンジー

作品:悪魔が目をとじるまで 上・下 新潮文庫 1991
作者:デイヴィット・リンジー
内容:「BOOK」データベースより
 父親譲りの刑事魂を持つパーマは、殺人課には珍しい女性刑事。 悲惨な死体を見慣れている彼女も、今度ばかりは息を呑んだ。念入りな化粧、縛られた手足、全身に拡がる噛み痕、そして何とまぶたが切り取られている。 同様の事件が続き、この種の犯罪の専門家、FBI分析官のグラントと協力して、パーマはヒューストンの上流階級に秘かにはびこる病巣に、足を踏み入れることになった。

 ブルザールは裕福な女性ばかりを相手に成功している精神科医だ。 患者は皆、幼い時に性的虐待を受け、その心の傷のために倒錯した性の世界に溺れ、苦しい二重生活を強いられている。 ある種の先入観から犯人を特定しようとする殺人課の刑事たち、パーマに理解を示しながらもデータ分析の結果から犯人を捜すグラント、パーマは一人、犯人の気持に入りこみ、意外な真犯人を見つけ出す―。 

メモ:
 
テキサス州ヒューストン警察シリーズだが、先日の作品とは異なる主人公。 こちらの方がよりサイコ・スリラーの色合が強い作品となっていて、猟奇的な連続殺人事件が起き、女性刑事が犯人を追う物語。
 レズビアン、バイセクシャル、SM、近親相姦、幼児期性的虐待など何でも出てくるセックスに関する描写が多く、上・下巻あるものの、中身的には一冊で十分足りるようなもの。
 とはいえ、子供の頃に受けた性的な虐待が、どれほど深い傷を残すか計り知れなく、それも女子だけでなく男子も同様の虐待が行われてるケースが多いこともにも驚かされる。
 作品の中の精神科医に語らせた、小さい頃に父親から性的虐待をされた娘のほとんどは、レズビアン、バイセクシャルになるという分析は本当なんだろうか? それ以前の問題として、こういった作品読むときにいつも思うのだが、自分の子供に親が性的な興味を抱くもんなんだろうか?と。 理解を超えた世界。
 余談だが、下巻の252頁に「朝まだきのの空がグレイから真珠色に明るんでゆく~」ちうのがあって、「朝まだき」という表現をこの歳にして初めて知った。
 「夜の明けきらないころ・早朝」という意味だそう。 朝がまだ来ないから、「朝まだき」なんだね。 へ~な。


 
人気ブログランキング

噛みついた女 ― ヒューストン連続殺人 デイヴィット・リンジー

作品:噛みついた女 ― ヒューストン連続殺人 新潮文庫 1987
作者:デイヴィット・リンジー
内容:「BOOK」データベースより
 巡回中のパトカーの前に、突然女が飛び出した。 倒れた彼女を助け起そうとした警官は、思わず悲鳴をあげた。 女が頬に噛みついたのだ!二人がかりでやっと押えつけた時、女は痙攣し息絶えた。 彼女は名を知られた高級娼婦だったが、続いて三人もの娼婦が不審死を逐げ、ヒューストン警察の捜査はまったく行き詰ってしまった―。 不気味で特異な犯人像を描くサイコ・スリラー。

メモ:
 テキサス州
ヒューストン警察シリーズ。 サイコ・スリラーとあるが、普通の警察小説のような気がする。
 主人公のヘイドン刑事は、高級住宅街に住み、服装も金のかかったスーツを着る裕福な殺人課の刑事。 このことだけで既に「普通」じゃないか?w
 仕事に対して真摯に取り組んでいるが、本人は以前のように情熱を傾けるのが困難になりつつあることを自覚し、仕事を止めたいと思っている。
 物語はタイトルのとおり、パトロール中の警官が女に噛みつかれた場面から始まり、その後女は苦悶しながら死を遂げる。
 そして、コールガールが同様の死に方をして、連続殺人事件に発展。 
 途中犯人もわかって、立証する部分を描いていくので、謎解きとしての面白さはないが、犯人を追い詰めていく面白さはある。 好みの問題。



 
人気ブログランキング
最新コメント
プロフィール

マラディエ

アクセス
  • 今日:
  • 累計:

楽天市場
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
記事検索
カテゴリー
  • ライブドアブログ