オッさんの備忘録 (ぐだぐだな日々)

一日一麺・アル中ハイマのおッさんの備忘録 読んだ小説や食べたものなどをメモします

G・ミード

熱砂の絆 上・下 グレン・ミード

作品:熱砂の絆 上・下 二見文庫 2000
作者:グレン・ミード(IE)
内容:「BOOK」データベースより
 アメリカ人の青年ウィーヴァー、彼と幼馴染みのドイツ人ハルダー、ユダヤ人の血を引く娘ラーエル。 彼らにとって、カイロ近郊で遺跡を発掘しつつ友情と愛を育んだ1939年の夏は、至福の時だった。 が、第二次世界大戦が三人に別離を強いた。 四年後、ドイツ軍情報部に所属するハルダーは、大戦の勝敗を左右する極秘任務を命じられた。 目的地はカイロ。 そして同行者の一人が、意外にもラーエルだった。

 カイロに駐在する米軍の情報将校ウィーヴァーは、敵国のスパイが潜入したという情報をつかんだ。 が、捜査を開始した彼はやがて信じがたい光景を目にする。 今も忘れられぬ女性ラーエルと親友ハルダーが一緒にいたのだ ―― ウィーヴァーたちに銃口を向けて! 非情な運命に翻弄されて決死の逃亡と追跡を繰り広げる三人を待つものは!? 『雪の狼』の俊英が放つ興奮と感動の冒険アクション巨編。

メモ:
 この作者の作品で、未読だった本作を追加購入。
 やはり、物語は第二次世界大戦終盤でのドイツの作戦について。
 戦争物はそれほど好みではないものの、この作者の作品はわりと読ませてくれる。

ブランデンブルクの誓約 上・下 グレン・ミード

作品:ブランデンブルクの誓約 上・下 二見文庫 1999
作者:グレン・ミード(IE)
内容:「BOOK」データベースより
 南米でひとりの老富豪が病苦に耐えられず自殺した―自らの汚れた過去と現在 の記録をすべて焼却して。 数日後、新聞記者のルディは、富豪の仲間とおぼしき男たちの謎の会話を盗聴する。 「ブランデンブルク … ベルリンの娘 … 彼らには全員死んでもらう」果たしてそれらの言葉が意味するものは? ルディのいとこの美女 エリカの依頼で、ヨーロッパ保安局員フォルクマンが調査を開始した。

 南米とヨーロッパで暗躍する謎の男たちは、一見したところ動機のない殺人を重ねていた。 事件解決の鍵が遠い過去に潜んでいることを察知したフォルクマンは、やがて苦難の末に意想外の真相を暴露する。 だが、その時にはすでに未曾有の陰謀がヨーロッパの運命を一変させようとしていた…。 『雪の狼』で世界中の注目を浴びた英国の気鋭作家が史実をもとに織り上げた壮大な冒険サスペンス。

メモ:
 この作品は読んでるはずなのに、記事にしていなかった。
 本作は、第2作目の翻訳作品となってるが、実際には、第1作目の「雪の狼」の出版が 1996年、本作が 1994年で、最初の作品となっていて、順番逆に翻訳されている。
 販売戦略ということなんかな?
 となると、内容の最後の部分がおかしい気がするけど、まあいいか。

 南米、移住したドイツ人というと、ナチスという話になり、だいたいパターン化されている。
 「雪の狼」も、物語は第二次世界大戦に遡っていったのと同様に、この作品も第二次世界大戦に遡る。

 この作者の作品を読み直してるが、わりとよくできている。

亡国のゲーム 上・下 グレン・ミード

作品:亡国のゲーム 上・下 二見文庫 2003
作者:グレン・ミード
 内容(「BOOK」データベースより)
  ある日、アル・カーイダを率いるアブ・ハシムから、米国大統領に、湾岸に駐留する全米軍の完全撤退と、米国だけでなく世界各国に囚われている仲間の解放を要求する脅迫状が届いた。 期限は7日、要求が完全に満たされなかった場合、ワシントンは致死性神経ガスによって巨大な墓場と化すことになっていた。 大統領をはじめ米政府上層部は対応に苦慮するが、ワシントン周辺にあるはずの凶器を探し出し、実行犯を捕らえようと秘密裡に大規模な捜索を開始する。

  捜索の先頭に立つのが一人息子をアル・カーイダに殺されたFBIのジャック・コリンズだった。 しかし、米側の動きはなぜかハシムに筒抜けで、彼はそのたびに要求を厳しくし、米政府はしだいに追い詰められていく。 もしテロが実行されれば、50万人近くの犠牲者が出る! そんななか、遂に3人の実行犯が明らかになり、コリンズたち捜査陣対テロリストのチェイスが始まる。 だが、米政府をあげての必死の捜査にもかかわらず、デッドラインは刻々と迫る…。

 メモ:
 神経ガスによるテロを手段として、アメリカを屈服させようとするアルカイダとの攻防を描く物語。
  核兵器より技術的に簡単?、安価に生産できる?と書かれているが、本当のところはどうなんだろ?
  しかし、目に見えない神経ガスによるテロ攻撃は、防ぐのが困難ということはよくわかったが、イスラム原理主義者との交渉というか、大統領と直接対話することが実際にあるのだろうか?


 
人気ブログランキング

すべてが罠 上・下 グレン・ミード

作品:すべてが罠 上・下 二見文庫 2005
作者:グレン・ミード
内容:「BOOK」データベースより
 嵐の夜、ジェニファーは自宅で母親を惨殺され、弟も一生治らない重傷を負う。彼女も危うくレイプされそうになった。スイスにいたはずの父親もその夜以降行方を絶つ。 2年後、父親の死体がスイスの氷河で氷漬けになって発見されたというニュースが寄せられた。 彼女は急遽スイスに飛ぶが、それはなぜ彼女の家族が殺されたのか、長く隠されていた父の過去の暗い秘密とは何かを暴く旅だった。 CIAは密かにニューヨークの警官ライアンに彼女の護衛を依頼する。 

 氷河で発見された死体は父親ではなかった。 遺体が安置されている警察は何者かに爆破され、捜査を担当していた刑事も殺される。 ジェニファーは父親の消息を求めて調査を進めるうちに何度も命を狙われる。 誰が、なんのために?裏には、CIAとレッド・マフィアの暗闘が隠されていた。 危険な秘密を隠蔽するために、欺瞞、殺人、裏切り、そして究極の恐ろしい罠に彼女はがんじがらめになり、誰をも信じられなくなる。 『雪の狼』の俊英が描く衝撃のサスペンス。

メモ:
 衝撃的ではないものの、そこそこ楽しめるかな。
 

 人気ブログランキング

雪の狼 上・下 グレン・ミード

作品:雪の狼 上・下 二見文庫 1997
作者:グレン・ミード
内容(「BOOK」データベースより)
 40数年の歳月を経て今なお機密扱いされる合衆国の極秘作戦「スノウ・ウルフ」とは? 冷戦のさなかの1953年、酷寒のソヴィエトにおいて、孤高の暗殺者スランスキー、薄幸の美女アンナ、CIA局員マッシーたちが、命を賭けて達成しようとしたものは何か。

 辛くもソヴィエトの大地を踏んだスランスキーとアンナの存在は、すでにKGBに察知されていた。 しかも作戦をソヴィエトに知られたことを憂慮する合衆国側が、ついにふたりの抹殺を決定。 敵味方双方から狙われるスランスキーたちを待つものは? 一方、必死にふたりを追うKGBのルーキン少佐も、思わぬ運命に翻弄されようとしていた…。 物語は息つく間もなく感動のクライマックスへ。

メモ:
 戦争ものはそれほど好みではないが、あまりにも突飛な作戦に従事した物語りはそこそこ楽しめた。 小説ならではかもしれないが...。
 それまで読んできた作品が酷かったから、よけいそう感じたのかもしれない。
 

 人気ブログランキング
最新コメント
プロフィール

マラディエ

アクセス
  • 今日:
  • 累計:

楽天市場
記事検索
カテゴリー
  • ライブドアブログ