オッさんの備忘録 (ダダを捨てろ!)

一日一麺・アル中ハイマのおッさんの備忘録 読んだ小説や食べたものなどをメモします

B・バトルズ

裏切りの代償 掃除屋クィン2 ブレット・バトルズ

作品:裏切りの代償 掃除屋クィン2 RHブックス・プラス文庫 2011
作者:ブレット・バトルズ
内容:「BOOK」データベースより
 ジョナサン・クィンはフリーランスの“掃除屋”。 今回始末を頼まれた死体は、コンテナに載せられロサンゼルスまで運ばれてきた。 死体の主の名前を聞いてクィンは耳を疑った。 スティーヴン・マルコフ―かつて命を救ってくれた元CIAのスパイだった。 仕事を終えればすべて忘れる―それがクィンの信条だが、今度ばかりは別だ。 クィンは行方不明のマルコフの恋人ジェニーの足跡を追ってシンガポールに飛ぶ! 注目のハード・スパイ・アクション第2弾。

メモ:
 ジョナサン・クィンを主人公にしたシリーズの第2作。 記事上げるの忘れてた。 1作目に続き読んだんだけど。

懸賞首の男 掃除屋クィン1 ブレット・バトルズ

作品:懸賞首の男 掃除屋クィン1 ランダムハウス講談社文庫 2009
作者:ブレット・バトルズ
内容:「BOOK」データベースより
 ジョナサン・クィンはフリーランスの“掃除屋”。 政府機関に雇われ、諜報工作の現場から痕跡を消し去るのが仕事だった。 だが、今回与えられた任務はいつもと勝手が違った。 正体不明の男の焼死事件を追ううち、雇い主の“オフィス”所属の工作員が次々と殺害され、クィン自身の首にも多額の懸賞金がかけられたことがわかる。 一旦身を隠したクィンは、裏世界の情報網を駆使して巨大な陰謀への反撃を開始したが…!? 正統スパイ・アクションに新星出現。

メモ:
 掃除屋という職業が=スパイとはならないような気が擦るけれど、「正統スパイ・アクション」というカテゴリに分類されてる。
 最後の部分は、どこかで読んだお話のようだったが、スピード感があるアクションものなので、気楽に読むことができる作品。
最新コメント
プロフィール

マラディエ

アクセス
  • 今日:
  • 累計:

楽天市場
Amazonライブリンク
記事検索
カテゴリー
  • ライブドアブログ