オッさんの備忘録 (ダダを捨てろ!)

一日一麺・アル中ハイマのおッさんの備忘録 読んだ小説や食べたものなどをメモします

T・ヘイズ

ピルグリム 3 テリー・ヘイズ

作品:ピルグリム 3 遠くの敵 ハヤカワ文庫 2014/9/25
作者:テリー・ヘイズ
内容:「BOOK」データベースより
 “サラセン”のテロ計画は、ついにその準備を終え、実行の日が迫っていた。 かすかな手がかりをつかんだ“ピルグリム”は、最後の望みをかけて“サラセン”の過去を追う。 まったく姿の見えなかった敵の姿がおぼろに浮かびかけ、衝撃が“ピルグリム”を襲う。 だが、計画決行までの時間は残り少ない。 意を決した“ピルグリム”はついに危険極まりない賭けに出るが…
 雄大なスケールで驚異のマンハントを描く超大作、完結!

メモ:
 三部作の完結編。
 本のタイトルから、ミレニアムみたいな小説かな~という先入観が働いて、まだ読んだことがなかった。
 海外ミステリ・レビューというブログで内容を知り購入することに。
 CIAの活動を監視する大統領直属の極秘組織に属していた主人公。
 9.11以降の設定の中、大規模テロが準備されている情報を得たことにより、復帰を余儀なくされ、そのテロリストを追跡する物語。
 3部作ではなく、上・中・下巻といった案配の長編小説。
 最近読んだ中では、良くできた作品かと。
 訳者の謝辞みたいなとこに、続編もあるようなことがあったけれど、5年経つのにどうなってんだろ?

ピルグリム 2 テリー・ヘイズ

作品:ピルグリム 2 ダーク・ウィンター ハヤカワ文庫 2014/9/10
作者:テリー・ヘイズ
内容:「BOOK」データベースより
 “サラセン”の存在とそのテロ計画は、アメリカ政府の知るところとなった。 暗号名“ピルグリム”を与えられた男は、すぐに追跡を開始する。 敵の目標は?その手段は? 手がかりはたった二回の電話傍受記録のみ。 トルコへ飛んだ“ピルグリム”は、そこで謎めいた殺人事件に遭遇する…一方“サラセン”のテロ計画は決行へ向けて着々と進んでいた。
 はたして“ピルグリム”の追跡は実を結ぶのか? 超大作白熱の第2弾!

メモ:
 三部作の2作目。

ピルグリム1 テリー・ヘイズ

作者:テリー・ヘイズ
作品:ピルグリム 1 名前のない男たち ハヤカワ文庫 2014/8/22
内容:「BOOK」データベースより
 アメリカの諜報組織に属する十万人以上の諜報員を日夜監視する極秘機関。 この機関に採用された私は、過去を消し、偽りの身分で活動してきた。 あの9月11日までは…引退していた男を闇の世界へと引き戻したのは“サラセン”と呼ばれるたった一人のテロリストだった。 彼が単独で立案したテロ計画が動きはじめた時、アメリカは名前のない男にすべてを託す!
 巨大スケールと比類なきスピード感で放つ、超大作サスペンス開幕。

メモ:
 三部作の1作目。
最新コメント
プロフィール

マラディエ

アクセス
  • 今日:
  • 累計:

楽天市場
Amazonライブリンク
記事検索
カテゴリー
  • ライブドアブログ