オッさんの備忘録 (ぐだぐだな日々)

一日一麺・アル中ハイマのおッさんの備忘録 読んだ小説や食べたものなどをメモします

C・ホルム

悪魔の赤い右手 殺し屋を殺せ2 クリス・ホルム

悪魔の赤い右手 殺し屋を殺せ2
作者:悪魔の赤い右手 殺し屋を殺せ2 ハヤカワ文庫 2019
作品:クリス・ホルム
内容:「BOOK」データベースより
 全米の犯罪組織を束ねる“評議会”に親友の命を奪われた殺し屋専門の殺し屋ヘンドリクス。 復讐を誓った彼は、秘密のヴェールに包まれた“評議会”の悪党どもを追うが…。 一方、サンフランシスコではゴールデンゲートブリッジを狙った大規模爆破テロが発生。 阿鼻叫喚の現場では、死んだと思われていた“評議会”の元幹部「悪魔の赤い右手」の姿が目撃される ― 黒幕たちが跋扈する、波乱のシリーズ第二弾。

メモ:
 暗し屋ヘンドリクス・シリーズ第2弾。
 前作のメモを見ると、次はないなと感じていたが、新たな登場人物の創出によって、2作目を作り上げた。
 しかし、前作以上に物語の展開がなんていうか雑というかなんというか、もう少し細部まで描いていると、もと面白くなると思うが。
 あと、1作出てくるか?

殺し屋を殺せ クリス・ホルム

作品:殺し屋を殺せ ハヤカワ文庫 2016
作者:クリス・ホルム
内容:「BOOK」データベースより
 元特殊部隊員のヘンドリクスは自らの過去を消し、殺し屋となった。 殺しの技を自在に操り、射撃能力は超人的。 報酬も超高額だ。 しかもある理由から、彼は標的を同業者、つまり殺し屋に限るのだった。 ヘンドリクスは次々と殺しを成功させていくが、全米の犯罪組織を束ねる“評議会”の配下を始末したせいで逆に命を狙われることに。 放たれたのはこれもまた最強の殺し屋。 究極の対決が始まる ― アンソニー賞最優秀長篇賞受賞作!

メモ:
 殺し屋だけを暗殺する殺し屋。
 続編はなさそうな終わり方。 一発屋なのか?
 悪くはない作品だが、すごくいいわけでもない、かな?


 
人気ブログランキング
最新コメント
プロフィール

マラディエ

アクセス
  • 今日:
  • 累計:

楽天市場
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
記事検索
カテゴリー
  • ライブドアブログ