オッさんの備忘録 (ダダを捨てろ!)

一日一麺・アル中ハイマのおッさんの備忘録 読んだ小説や食べたものなどをメモします

R・ウィルスン

セビーリャの冷たい目 上・下 ロバート・ウィルスン

 作品:セビーリャの冷たい目 上・下 ハヤカワ文庫 2005
 作者:ロバート・ウィルスン
 内容:「BOOK」データベースより
 陽光きらめくセビーリャで老実業家が殺された。 被害者は椅子に縛りつけられて、生きたまま目蓋を切り取られ、目前に置かれたテレビで無理やりなにかを見せられていたらしい。 かたわらには「視覚の授業第一回目」と書かれたカードがあった。 そしてこの残忍な現場を目にしたときから、冷徹な殺人課警部長ファルコンに異変が生じ始める。 そこへ犯人の第二の授業が…CWA賞ゴールドダガー賞受賞者が放つサスペンス巨篇。

 セビーリャを震撼させた残虐な連続殺人事件の捜査は、有力容疑者のひとりが死んで八方塞がりだった。 ファルコン警部長は、被害者のアルバムに天才画家だった亡父の姿を見つけ、手がかりを求めて父の日記をひもとく。 だがそこに書かれていたのは、激動の時代を駆け抜けた父親の恐るべき罪の告白だった。 ファルコンが「視覚の授業」を理解したとき、彼自身にも犯人の魔手が迫る!過去と現在が交錯する壮大なサスペンス。

メモ:
 スペイン・セビーリャのファルコン警部長という人物が主人公の作品。
 警部長という役職は耳慣れないが。
 目蓋を切り取って何かを見せてから殺すという、猟奇的な殺人事件が発生して、その事件の背景がスペイン内戦の頃まで遡るため、前に読んだ作品同様に、時代が前後するのはこの作者の作風と言うことか?
 最後はどんでん返しなのを狙っているものの、予定調和な印象で終わる。

リスボンの小さな死 上・下 ロバート・ウィルスン

 作品:リスボンの小さな死 上・下 ハヤカワ文庫 2000
 作者:ロバート・ウィルスン
 内容:「BOOK」データベースより
 陽光あふれる港町リスボン。 浜辺で発見された15歳の少女の絞殺死体は、レイプされていた。 被害者と同じ年頃の娘を持つ、孤高の中年の警部コエーリョと、助手の若手刑事が事件の担当を命じられる―。 時は半世紀ほど遡った第二次大戦中。ナチス親衛隊の上層部は大量のタングステンの買い付けのために、実業家のフェルゼンをポルトガルに送りこむ。 だがその前途に待ち受けていたのは、思いもよらぬ運命の悪戯だった…。 英国推理作家協会賞ゴールド・ダガー賞受賞。

 コエーリョたちの捜査により、殺された少女の奔放な男性関係が明らかになる。 犯人はその男たちの中にいるのか?ある目撃証言を得て捜査は大きく進展し始めた。 やがてフェルゼンとその関係者の刻んだ歴史が現在の少女殺害事件と交差する時、事件は予想もしない展開をみせた…少女殺害の謎とその背後にひそむ真実を、半世紀にわたる壮大なスケールで描いた注目の話題作。 英国推理作家協会賞ゴールド・ダガー賞受賞作。

メモ:
 物語が、現代と第二次大戦以降の時代を行き来する形で進められ、上巻は時代が離れすぎて、接点があるのかどうかすらわからなく、読みにくくて時間がかかってしまった。
 下巻になって、連続性が見えてきて、捜査も進展して、やっと警察小説らしくなってくる。
 しかし、物語の中で、レイプやセックスのシーンが多いのには辟易した。 犯罪に絡む部分では必要なのかもしれないが、不要なシーンの方が遙か多く、頁の無駄遣いな気がした。
 この作者の作品は、もう1作買ったんだよな~。
最新コメント
プロフィール

マラディエ

アクセス
  • 今日:
  • 累計:

楽天市場
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
記事検索
カテゴリー
  • ライブドアブログ