オッさんの備忘録 (ぐだぐだな日々)

一日一麺・アル中ハイマのおッさんの備忘録 読んだ小説や食べたものなどをメモします

K・ロイス

暗号口座ドランラブ627 ケネス・ロイス

作品:暗号口座ドランラブ627 角川文庫 1987
作者:ケネス・ロイス
内容:「BOOK」データベースより
 エディの大おば、ジェーン・バーナードは孤独な一生を終えた。 鍵のかかった1冊の日記を遺して。 日記には若き日のおばが愛した、東欧の男との思い出がつづられていた。 異変は日記帳の紛失とともに始まった。 エディの身辺に監視がつき、日記のことを知る看護婦が男友達とともに惨殺されたのだ。 おなじ頃、モスクワでKGB議長を務めた老将軍が、徹底的な尋問をえけていた。 尋問は20年代にさかのぼり、英国女性との交情に集中した。 エディは知る由もなかったが、おばの日記にはスイス銀行に眼りつづける途方もない口座の
謎が隠されていたのだ―。

メモ:
 ロンドンで、失業中の記者エディの大叔母が亡くなる直前に、一冊の日記帳を見つけたことから物語は始まる。
 その一方で、モスクワでKGB議長を務めた老将軍が、過去イギリスにスパイ網を作っていた頃について尋問を受け、過去に遡って物語が進む。
 単にスパイをリクルートするロシアのスパイがイギリスの女性と恋をし、その時に貯めた多額の預金の行方をどうこうする話ではなく、もっとスケールの大きい話になってるところが作者の腕か。

リンボー ケネス・ロイス

作品:リンボー ミステリ・ペイパーバックス 1995
作者:ケネス・ロイス
内容:「BOOK」データベースより
 大物実業家ダインの私邸で発見されたフランス国宝級の骨董品は盗品だった。 元英国特殊空挺部隊(SAS)に所属していたジャコーに事件の穏便な解決が依頼された。 事件そのものは単純に見えた。 だが、ダインの周辺からきなくさいにおいがつきまとって離れない。 彼はいったい何者なのか。 そんなとき、ジャコーの愛車フェラーリが爆破された。 次々と襲いかかる危機、そして殺人…。 事件にからむ中国人秘密結社、国会議員までをも巻き込む事件の真相は。 ヴェテラン、ケネス・ロイス会心のハードボイルド。

メモ:
 元SASのジャコーが英首相の私設相談役から、チャウシェスクがフランスのホテルのスイートから略奪したセーブル磁器の調査を依頼されるとこら物語は始まる。
 MI5、ギャングなどまで絡んで、なかなか面白く読めた。 何よりもお色気がないのがいい。
 そして、エピローグのところで出てくるのがタイトルの「リンボー」。 作品の翻訳は「地獄の果て」。
 「リンボー」と言えば「リンボー・ダンス」の「リンボー」くらいしか知らないので、ちと調べてみると。
 某ウィキによると、「リンボー」は「ラテン語:Limbus、英語:Limbo」で、訳は「辺獄」= カトリック教会において「原罪のうちに(すなわち洗礼の恵みを受けないまま)死んだが、永遠の地獄に定められてはいない人間が、死後に行き着く」と伝統的に考えられてきた場所のこと、ということらしい。
 なんだか気に入った。

モズリー卿の領収証 ケネス・ロイス

作品:モズリー卿の領収証 サンケイ文庫 1987
作者:ケネス・ロイス
内容:「BOOK」データベースより
 元ロンドン警視庁警視正が自宅の風呂場で二人組の男に殺された。 だが、新聞には事故死と報じられる。父親の死に疑問を抱いた娘は、警官仲間だったブルマンに調査を依頼した。 元盗人のスコツトを巻きこみブルマン警視の捜査がはじまる。 謎の文書の行方を追ってスコットは囮となって刑務所へ。 ブルマンは辞職願いを上司にたたきつける。『クリプト・マン』の著者ロイスが、おなじみの刑事と元盗人の名コンビを駆って、腐敗した大英帝国の謀略に迫る!

メモ:
 主人公は元盗っ人で、時々英国情報部の仕事もしていたという、ウイリー・スコットシリーズの2作目。
 途中経過に比べて、落ちがしょぼい印象。
 ともあれ、作風自体は悪くない。

クリプト・マン ケネス・ロイス

作品:クリプト・マン サンケイ文庫 1986
作者:ケネス・ロイス
内容:「BOOK」データベースより
 ウイリー・スコットは元盗っ人。 現在は旅行代理店を経営し、恋人のマギーと同棲中だ。 彼の仇名は“スパイダー”。 蜘蛛のようにビルの壁面を登り降りできるところからこの名がつけられたのだった。 ところがそのスコットがとんでもない事件に巻きこまれた。 英政界を揺るがす大スキャンダル―。 英米ソの情報機関が火花を散らす“情報戦争”のまっただ中へ放り出されたのだ。 英推理小説界の鬼才が放つ政治冒険小説。 快男児“スパイダー”スコット登場!!

メモ:
 主人公は元盗っ人で、時々英国情報部の仕事もしていたという設定。
 獄中で自殺があり、犯罪者繋がりから、元英国情報部の部長から、自殺か他殺かの調査を依頼され、事件に巻き込まれていく。
 ジャック・ヒギンズのような雰囲気を持つ作風かな? 古典とまでいかないが、少し古いスパイ小説のよう。
 他に作品があるので、発注してみましょ。
最新コメント
プロフィール

マラディエ

アクセス
  • 今日:
  • 累計:

楽天市場
記事検索
カテゴリー
  • ライブドアブログ