オッさんの備忘録 (ぐだぐだな日々)

一日一麺・アル中ハイマのおッさんの備忘録 読んだ小説や食べたものなどをメモします

D・ゲシン

デインの遺書 デヴィッド・ゲシン

作品:デインの遺書 扶桑社ミステリー文庫 1988
作者:デヴィッド・ゲシン 
内容:「BOOK」データベースより
 アッシュフィールド大学教授ジョナサン・デインが死んだ。 ワルサーP38で頭を撃ち抜いて。 だが、デインは本当に自殺だったのか。 彼の素行調査を依頼されたもと私立探偵のハローランは疑問を抱く。 鍵はデインの遺書。 残された教授の言葉の中に、彼は謀略の匂いを嗅いだ。 調査を進めていくに従って、こんどはハローラン自身に魔手が迫った。 尾行がつく。 車に追われる。 アパートに監視がつく。 殺し屋に襲われる。 さらにデインの遺言を欲しがる美女ライザの登場。 デイン教授の隠された過去、 この娘の不倫などから、ハローランは一連の事件に対して一つの結論を導き出す。 だが、デインの遺言の背後には、思いもよらないどんでん返しの罠が仕掛けられていた!

メモ:
 前作の続編。 
 内容では「もと私立探偵」とあるが、登場人物欄には「現在失業中の探偵」となっている。
 主人公のハローランは「もと私立探偵」ではなく、情報機関オメガ・セクションの元情報部員である。 どうでもいいことだが。
 そして、失業中の探偵で、酒浸りの日々を送っていたハローランに、元上司が接近し、事件の捜査に携わることに。
 ハローランの物語は、この作品までみたい。 この主人公はわりと気に入ったんだけどね。

暗号名「オメガ・ブルー・ワン」 デヴィッド・ゲシン

作品:暗号名「オメガ・ブルー・ワン」 サンケイ文庫 1986
作者:デヴィッド・ゲシン
内容:「BOOK」データベースより
 オメガ・マンを殺った男でそのことを吹聴できるほど長生きしたやつはいない。それが〈オメガ・セクション〉の伝説だった。 あのKGBさえ恐れてオメガ・マンには手を出さない、と。 そう、〈オメガ・セクション〉は世界最強の諜報機関なのだ。 ところが、元オメガ・マンのジャック・レインが何者かに惨殺されたのだった。 殺ったやつは誰だ!? ジャックの親友でオメガのピカー、ハローランは愛用の41マグナムを手に復讐に立ちあがった。 俊鋭が放つ痛快ハード・スパイ・アクション!

メモ:
 数日後に退職を控えたスパイが、疎遠になっていた友人の殺害に、その理由を探り出すため動き回るという物語。
 CIAやNSAに加え、KGBが出てきて、複雑さを出している。
 この、続編みたいなのが出てるから、購入してみましょ。
最新コメント
プロフィール

マラディエ

アクセス
  • 今日:
  • 累計:

楽天市場
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
記事検索
カテゴリー
  • ライブドアブログ