オッさんの備忘録 (ぐだぐだな日々)

一日一麺・アル中ハイマのおッさんの備忘録 読んだ小説や食べたものなどをメモします

D・ウィルツ

歪んだ愛 デヴィッド・ウィルツ

作品:歪んだ愛 扶桑社ミステリー文庫 1995
作者:デヴィッド・ウィルツ 
内容:「BOOK」データベースより
 シュッピング・センターで、校庭で、次々と少年が消えていった。 そして数カ月後にはみな死体となってごみ袋から発見された。 どの子も体を入念に洗われ、髪もきちんとカットされて…。 広域で発生するこの連続誘拐殺害事件で、FBIのカレンはベッカーに協力を仰ぐ。 犯人の意識と同化できる彼の才能がどうしても必要なのだ。 だが今度ばかりは彼にも犯人像がうまく掴めない。 一方意外な犯人は、飽くことなく幼い獲物に魔の手を伸ばしていた。 異能の元FBI捜査官ベッカーの冷徹な人狩りを描くサイコ・ミステリー第三弾。

メモ:
 元FBI捜査官ベッカーが主人公のシリーズ第3作目
 この作品は「闇の狩人」でベッカーの相棒となった女性捜査官が再登場する。
 10歳くらいまでの少年が誘拐され、しばらく生かされた後に殺害されるという事件が、事件と事件の間隔が狭まりながら連続して発生。
 そして、最後には...。という展開の物語。
 これまた、セックスシーンが多くて、中身の方はそれほどでもない。
 なので、追加発注は見送り。

倒錯者の祈り デヴィッド・ウィルツ

作品:倒錯者の祈り 扶桑社ミステリー文庫 1993
作者:デヴィッド・ウィルツ
内容:「BOOK」データベースより
 薄暗い家の居間で、薬を打たれ体を固定された男が、ゆっくりと血を抜かれている。 帰宅した家の主ダイスは、蒼白な顔となった男の髪にやさしくブラシをあて、用意したスーツを着せ、レクイエムを流しながら、死にゆく者にうっとりと目を向けて食事を始めた…。 保険会社勤務の平凡な男ダイスは、次々と男を拉致、殺害し、死体を切り刻んでいく…。 小さな町で相次ぐ謎の失踪事件の調査依頼に対して、元FBI捜査官ベッカーは、犯人の意識に入り込む独特の捜査方法で事件の深層へと向かう。 傑作サイコ・ミステリー。

メモ:
 元FBI捜査官ベッカーが主人公のシリーズ第1作目だが、内容的には2作目の作品「闇の狩人」の続編となっている。
 サイコ・ミステリーなんだけど、あいかわらずセックスシーンが多い。
 3作目がまだ残ってる。 ん~ん。

わが故郷に殺人鬼 デヴィッド・ウィルツ

作品:わが故郷に殺人鬼 サンケイ文庫 1988
作者:デヴィッド・ウィルツ
内容:「BOOK」データベースより
 20年にわたる暴力と謀略の世界に別れを告げ、FBIを辞めたピート・ケッターは静かな町カスケードへ帰ってきた。 法律家として再出発し、平穏な生活を送ることを夢みて。 だが ― 次々と女性が殺されるという事件に彼の夢は破られた。 一見穏やかな故郷の荒廃に気づいたピートは、姿なき殺人者を追ううち、捨てたはずの「狩人」としての情熱の甦りを感じていく―。 苦悩する男の変貌を息子との交情を通じて描く、新鋭ウイルツの人間ドラマ!

メモ:
 少し前にこの作者の「闇の狩人」という作品を読んでいた。
 そちらもFBIの捜査官が主人公の作品でシリーズ化されてる。
 今回の作品は、元FBIという設定。
 殺人事件もセックスが絡み、とにかくセックスシーンが多い。
 それを除くと、大した中身はない。
 リーズ化された作品の方は第2作目だったので、1作目と3作目をダメ元で購入してみた。

 あと、関係ないけど、作品中に出てきた「黙示録」は「もくしろく」なのね。
 「もくじろく」だとばかりと思ってた。 なので、PCで文字変換したら「目次六」と変換された。
機械は間違わないな。

闇の狩人 デヴィッド・ウィルツ

作品:闇の狩人 扶桑社ミステリー文庫 1995
作者:デヴィッド・ウィルツ
内容:「BOOK」データベースより
 バホウド ― それは伝説的なテロリストだった。 常軌を逸した暴力嗜好を持ち、数々の暗殺を手がけてきたこの闇のエキスパートは、アラブ過激派の依頼を受けてアメリカに潜入、シオニストのグループれ隠れ簑に、決行に向け着々と準備を進めていた。 FBIテロリズム部も名うてのベッカー捜査官に協力を仰いで捜査を開始するが、謎のテロリストの行方は査として知れない。 大標的の抹殺を目前に控え、追う者を嘲笑うかのように、バホウドはその独特の手口で殺しを重ねていく。 だがベッカーも、特異な能力を持つ狩人だつた。

メモ:
 FBIの捜査官がテロリストを追いかける物語だが、主人公であるベッカー捜査官は犯人と同じ思考を辿ることができる特殊な能力を持っているという設定。
 そのため、いつそちら側に行ってしまうか怯えている。
最新コメント
プロフィール

マラディエ

アクセス
  • 今日:
  • 累計:

楽天市場
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
記事検索
カテゴリー
  • ライブドアブログ