オッさんの備忘録 (ぐだぐだな日々)

一日一麺・アル中ハイマのおッさんの備忘録 読んだ小説や食べたものなどをメモします

J・K・メイオ

狼の首 J・K・メイオ

作品:狼の首 ハヤカワ文庫 1989
作者:J・K・メイオ
内容:「BOOK」データベースより
 英国国防省の高官ブラックロック卿が、自宅で何者かに殺された。 首を切り取りテーブルの上に置くという残虐な手口だった。 国防省に勤務するハリー・セドールは、首相からの命令を受け、調査を開始する。 だが、その数日後、ブラックロック卿の屋敷を謎の一団が襲撃する事件が起きた。 警備員たちとの銃撃戦で襲撃者は3人死亡、その遺体からセドールは貴重な手がかりをつかんだ。 黒い圧力と妨害を受けつつも、セドールは敢然と捜査を進める。 やがて、英米仏共同の巨大な陰謀と、悲劇的事件が浮かび上がってきた! 注目の新鋭が放つ力作スリラー。

メモ:
 この作者の作品というより訳の問題なのかもしれないけれど、セリフが気取ってるような印象を受ける。
 物語としては、まあ可もなく不可もなく普通。 また全体を通じて陰鬱な印象。
 あと気になったのが、物語の途中、フランスで喫茶店に入って、飲み物を注文するシーンがあり、その注文が「リンゴジュース」で、ふってあるルビが「シトロン・プレッセ」。
 原文は「シトロン・プレッセ」の方だとおもうけど、オラがシトロン・プレッセは、グラスにレモンの搾り汁が入っていて、カラフェに水、グラニュー糖がひと袋セットになっているものかと。
 シトロンはりんごじゃないよな~。
 あと、けこ誤植とかもあって、「大佐」というところを「大佐佐」となってたり。
 とりあえず、翻訳作品は2作のみ。

狩られる男 J・K・メイオ

作品:狩られる男 ハヤカワ文庫 1988
作者:J・K・メイオ
内容:「BOOK」データベースより
 イギリスへ向うフェリーの船室で、劇作家アンソニー・ムーアは殺人事件を目撃した。 驚いた彼は事務長に知らせに行くが、戻ってみると船室は空だった。 数日後、二つの死体がイギリス南部で発見された。 警察の依頼でムーアが確認したところ、それは件の殺人事件の加害者と被害者だった。 内務省に所属する二人の男の話では、事件に莫大な額の金が絡んでいるという。 不可解な思いに捕われつつも、ムーアは仕事でカナダへ赴く。 だがそこにも邪悪な黒い影が迫ってきた! トロント市街と雪の森林地帯に展開する死の計略。 新鋭が放つ力作サスペンス。

メモ:
 記録するのを忘れていて、とりあえず載せたものの、どんな結末だったか記憶にない。
 ボケ老人だ...。
最新コメント
プロフィール

マラディエ

アクセス
  • 今日:
  • 累計:

楽天市場
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
記事検索
カテゴリー
  • ライブドアブログ