オッさんの備忘録 (ぐだぐだな日々)

一日一麺・アル中ハイマのおッさんの備忘録 読んだ小説や食べたものなどをメモします

J・トレンヘイル

クリサリス ― 極秘ファイル奪回作戦 上・下 ジョン・トレンヘイル

作品:クリサリス ― 極秘ファイル奪回作戦 上・下 扶桑社ミステリー文庫 1993
作者:ジョン・トレンヘイル
内容:「BOOK」データベースより
 東西陣営によるヨーロッパを舞台にした戦争を想定し、英米両国は対ソ連の基本戦略を検討するため〈クリサリス〉委員会を設置した。 東独政府はこれを察知し、その内部文書を入手しようと暗躍を始める。 そしてある日、委員のひとり英国外務省のデイヴィッド・レスクームの自宅から、その妻アナとともに極秘ファイル〈クリサリス〉が消えた。 その内容があかされれば東西対立は激化し、西側陣営内にも亀裂が入りかねない。 ファイルの大きな価値を知った東独スパイ、クライストは組織を裏切り、アナを拉致し姿をくらます。 長編スパイ小説。

 極秘ファイル〈クリサリス〉と交換に100万ポンドを要求する脅迫状が届いた。 英米諜報部はアナの過去を洗い、東独のスパイで精神療法士のクライストを割り出し、潜伏先のギリシアに向かう。 一方、独自にアナの行方を追うデイヴィッドの前に次々と明かされる妻の未知の顔。 数々の妨害を受け、妻の過去に苦悩しながらデイヴィッドは諜報部に先んじてクライストをギリシアの小島に追い詰めるが…。 各国諜報部の暗躍の中、次第に明らかになる〈クリサリス〉の意外な側面と、その驚くべき意味。スパイ&サスペンスの力作。

メモ:
 内容を読む限りなかなか面白そうだが、妻とファイルが消えるまでの設定が今ひとつ腑に落ちなくて、その影響でなんとも読みにくい。
 物語の進め方がヒステリックなのと、「愛してる」というセリフが多すぎて辟易。
 先日読んだ2作と比べると、今ひとつな印象を持ってしまった。

消えたAWACS(エイワックス)機 ジョン・トレンヘイル

作品:消えたAWACS(エイワックス)機 新潮文庫 1988
作者:ジョン・トレンヘイル
内容:「BOOK」データベースより
 アメリカ空軍の誇る早期空中警戒管制機AWACSがソ連によって強奪された。 西側への亡命を望むKGB第1管理本部長ポーヴィンの支援を得て、CIAの工作員は奪われた機体を破壊すべくただちにシベリアへ向かう。 だが厳重な警戒網に彼らは1人、また1人と倒れ、ポーヴィンにもKGBの手が…。 ハイテク兵器をめぐる熾烈な戦いをスリリングに描くスパイ・アクション。

メモ:
 「偽装亡命者キリル」の続編にあたる作品だった。 登場人物もかなり重なっている。
 前作で生き残ったKGB内部のもぐらにより、AWACSの強奪の情報がもたらされたことから物語が始まる。
 潜入と追跡、敵味方が入り乱れて最後のクライマックスに向かう。
 がなかなか面白かったな。

偽装亡命者キリル ジョン・トレンヘイル

作品:偽装亡命者キリル 新潮文庫 1986
作者:ジョン・トレンヘイル
 KGB内部に英国秘密情報局への内通者がいる! その裏切り者をつきとめるために、KGB議長の命を受けたブハレンスキー大佐、おとりとなってイギリスへ偽装亡命するべく、潜入する。 暗号名キリル。 刺客が彼を追う。 その刺客を放った者こそが裏切り者なのだ。 しかし・・・・・・。 クレムリン内部の陰惨な権力闘争、息つづまる追跡と逃避。 意表を突く結末が待つ迫真のスパイ・アクション。

メモ:
 これまでの幾多の作品同様、KGB内の権力闘争を描いた作品は、だいたい似た印象を受ける。
 監視や、罠を仕掛けて炙り出すようなのが多い中、この作品でも踏襲されてる。
 権力闘争はどこの国でもあまり変わらないかもしれないが。
 KGB内部のモグラを見つけ、権力を維持しようとする偏執的なKGB議長に選びだされた主人公の偽装亡命の逃避行の物語。
 この作者の作品は、何冊かあり、この作品の登場人物が他の作品の内容にあったので、そちらも発注してみた。
最新コメント
プロフィール

マラディエ

アクセス
  • 今日:
  • 累計:

楽天市場
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
記事検索
カテゴリー
  • ライブドアブログ