オッさんの備忘録 (ぐだぐだな日々)

一日一麺・アル中ハイマのおッさんの備忘録 読んだ小説や食べたものなどをメモします

Z・ミウォシェフスキ

もつれ ジグムント・ミウォシェフスキ

作品:もつれ 小学館文庫 2018
作者:ジグムント・ミウォシェフスキ(PL)
内容:「BOOK」データベースより
 ワルシャワ市内の教会で、右眼に焼き串を突かれ男が死んだ。 容疑者は、彼と共にグループセラピーに参加していた男女四人。 検察官シャツキは早速捜査を進めるが、調べれば調べるほど事件は混迷し、一方で夫婦関係に閉塞感を抱いていた彼は若い女性記者に惹かれ、罪悪感と欲望との挟間で悶々とする。 やがて、被害者の遺品から過去のある事件に気づくシャツキ。 真実に手が届こうとしたその時、衝撃の事態が起こる…。 日本のミステリーファンを唸らせたポーランドの怪作『怒り』、本作はその「シャツキ三部作」の第一作。

メモ:
 小学館の刊行した順番が、三部作の最後の作品からという売り出し方に気付かずに、第三作目から読んだために、主人公やその家族、また、描かれているポーランドの陰鬱な情景や環境がオイラに影響を及ぼしたのか、この作者の第一作目の本作を読み始めて、数頁もしないうちに読む気が失せてしまい、放り出した。
 欧米では「ポーランドのピエール・ルメートル」と大絶賛された作家らしいが、P・ルメートルの作品は「その女アレックス」を読んで、「次はないな」とコメントがあるとおり、救いがない作品はやりきれなくて、読む気が失せるんだよね。

怒り 上・下 ジグムント・ミウォシェフスキ

作品:怒り 上・下 小学館文庫 2017
作者:ジグムント・ミウォシェフスキ(PL)
内容:「BOOK」データベースより
 ポーランド北部オルシュティン市の工事現場で、白骨死体が見つかった。 検察官テオドル・シャツキは、現場が病院に続く地下の防空壕だったことから、戦時中のドイツ人の遺体と考えていた。 ところが検死の結果、遺体の男は十日前には生きていたことが判明、この短期間で白骨化することはあり得ないという。 さらに調査を続けると、複数の人間の骨が入り交じっていた。 やがて、この男は生きたまま大量の配水管洗浄剤で溶かされて死んだことがわかるが…。
 こんなミステリーがあったのか ―「ポーランドのルメートル」が描く衝撃の傑作クライムノベルが日本初上陸!

 防空壕跡から見つかった白骨死体の事件を捜査する検察官シャツキ。 身元は判明するものの、犯人に繋がる手がかりは一向に得られない。 プライベートでは高校生の娘との衝突をくり返し、苛立ちが募るさなか、検察局を訪れた女性から「夫が怖い」と相談を受けるが、虐待の証拠はなく、すげなく追い返してしまった。 部下ファルクにその対応を責められ、不安から彼女の家を訪れてみると、そこには瀕死の女が横たわっていた。 そして事件の真相に手が届こうとした時、シャツキ自身の身に思いもよらぬ事件が ― 。 衝撃過ぎるポーラスドミステリー、完結編。

メモ:
 ポーランドの作家の作品は読んだことがたぶん? ないはずだ。
 出だしから、描かれている街の印象が、なんとも陰鬱な感じで、それが、ポーランドの歴史由来なのか、描かれている情景がそう印象付けるのか。
 また、この作品は、三部作の最後の作品だったことを、後で気が付いて、もう一作最初の作品が残ってしまったのが悔やまれる。
 往々にして、翻訳作品では、こうゆうことも起きるので仕方ないけれど。
 物語の主人公も、登場人物も、街の様子も暗いし、救いがない感じの作品。
 どうすっかな~。
最新コメント
プロフィール

マラディエ

アクセス
  • 今日:
  • 累計:

楽天市場
記事検索
カテゴリー
  • ライブドアブログ