オッさんの備忘録 (ダダを捨てろ!)

一日一麺・アル中ハイマのおッさんの備忘録 読んだ小説や食べたものなどをメモします

小説

エンドレス・ゲーム 上・下 ブライアン・フォーブス

 作品:エンドレス・ゲーム 上・下 サンケイ文庫 1987
 作者:ブライアン・フォーブス 
 内容:「BOOK」データベースより
  ロンドンの老人ホームでひとりの婦人が殺害された。 MI6の諜報部員ヒルズデンは事件を知って驚く。 彼女はかつてオーストリア支局の同僚で、しかも恋人でもあったのだ。 10年前ベルリンで消息を断ち、4年前モスクワから廃人同様で送還されてきた婦人だ。 今になってなぜ彼女が殺されたのか!? ヒルズデンは調査を開始する。 その直後、今度は内務大臣の車が爆破、運転手が死亡した。 二つの事件に関連はあるのか? 手懸り皆無のままヒルズデンの調査は続く。

  大英帝国には瓦解の地鳴りが高まりつつあった。〈常かわらぬ邪悪〉を自らの信念とするヒルズデンが手懸りを求めて選んだのは、ソ連への擬装亡命だった。 職場、家庭、全ての係累を断った彼は〈接触〉を待つ。そして、ついに〈接触〉が訪れた…。 舞台をロンドン、スイス、オーストリア、カリフォルニア、ブラジル、モスクワへと転じながら、物語は次弟に戦慄の度合を高めてゆき、スパイ小説史上空前のクライマックスへと突入する。

メモ:
 この作者の作品は、1年ほど前に「遠い女」という作品を読んでいた。
 まったく記憶にないが「なんともしょうもない物語」と酷評してる。
 そしてこの作品は英国情報部MI6の諜報部員のヒルズデンが主人公のスパイ小説。
 10年前にかつての同僚で恋人のキャロラインが単身で東側に潜入するも、早々に捕まり、拷問の末に廃人のような状態で帰国、その後は老人ホームで暮らしていた。
 ヒルズデンは変わり果てた姿を見たくなくて、一度も老人ホームへは訪ねていなかったが、10年後に死亡したことを新聞記事で知り、その死に疑問を抱き、調べ始める。
 その後殺害であることを知って、その謎を解明しようとして、最後は「スパイ小説史上空前のクライマックスへと突入する。」することになるとあるが、他のスパイ小説でも読んだことのあるような展開に。
 この作品で完結していなくて、次の作品となる「トワイライト・ゲーム」 へ物語は続く。

死人(しびと)の街 ロバート・キャンベル

 作品:死人(しびと)の街 二見文庫 1990
 作者:ロバート・キャンベル 
 内容:「BOOK」データベースより
  ホイスラーはコーヒー・バー〈ジェントリー〉の窓ぎわにすわり、通りにたむろする娼婦、男娼、ポン引き、アル中たち、そして彼らを目当てに集まってくるさまざまな人間たちの非喜劇を見守っていた。 そんなある日、〈ジェントリー〉に現われた謎めいた女からのボディガードの依頼をひき受けたホイスラーは、TV界の錯綜した人間関係と、その裏にひそむ愛憎のドラマへとひきよせられていく…。
 
メモ:
 ミステリというジャンルで、内容を見て買った作品のひとつ。
 知らずに買った作品の主人公ホイスラーは探偵だった。
 探偵物語はチャンドラーやスピレインで十分なオラ。

 物語は離婚で金を儲けようとする妻側と、びた一文払いたくない夫側との争いという中身はたいしたことはない。
 30年前のアメリカはこんなんだったんか?な作品の舞台描写。 やさぐれてる。
 でも、そんなに悪くない?かな?

セブン アンソニー・ブルーノ

作品:セブン 二見文庫 1995
作者:アンソニー・ブルーノ
内容:「BOOK」データベースより
 何者かに過剰な食事を強いられ死んだ異様に太った男と、自らの体を切り刻むことを強要された弁護士 ― 殺伐とした街で連続して発生した二件の殺人の現場には、それぞれ“大食”と“強欲”の文字が…。 ベテラン刑事サマセットはキリスト教の“七つの大罪”に着目し、あと五つ事件が発生すると断言。 若き刑事ミルズとともに狂気の殺人計画を阻止すべく捜査を始めるが… 戦慄のサイコ・スリラー。

メモ:
 ノベライズ作品かどうかは不明。
 映画は見たことないが、ブラッド・ピットとモーガン・フリーマンがコンビを組んでる作品らしい。
 小説の表紙に二人の写真が使われている。

 退職を目前に控えたベテラン刑事と、別の警察を辞めて都会の警察に採用された血気盛んな若い刑事が捜査を進める物語。
 この作者の作品は読んだことがあると思うが、どこかに埋もれているらしく見当たらない。

 キリスト教における7つの大罪を犯している人を殺していく?自分で死に至るように仕向けて殺す犯人。
 7つの大罪は、「傲慢」、「嫉妬」、「憤怒」、「怠惰」、「強欲」、「暴食」、「色欲」。
 犯人は最後に若い刑事を巻き込むが、それまでの犯罪と結末がなんともちぐはぐな感じがして、消化不良な。
 まあいいか...。

訣別の街 ケン・リッパー

 作品:訣別の街 二見文庫 1996
 作者:ケン・リッパー 
 内容:「BOOK」データベースより
  カリスマ性に富むニューヨーク市長パパスと、彼の右腕である市長補佐官キャルフーン。 複雑な政治的局面を乗り越え、次期大統領選出馬を狙う二人に新たな問題がおこった。 保護観察中の麻薬ディーラーと刑事の銃撃戦で罪のない少年が犠牲となったのだ。 行政の責任を問うマスコミの砲火を浴びた市長は真相究明を公言。 パパスを助けるべく補佐官は調査を進めるのだが、ディーラーの保護観察処分に不正の疑いが浮かび、事態は思わぬ方向へ…。 元NY市長補佐官が政界の裏で暗躍する人間模様をリアルに描いた傑作サスペンス。
 
メモ:
 ミステリというジャンルで、内容を見て買ったはずなのだが、ミステリという物語な感じはしない。
 元NY市長補佐官がNY市長補佐官を主人公に描いた作品で、その市長補佐官は清廉潔白で正義感に溢れて市政の暗部を正すという勧善懲悪な桃太郎侍みたいな物語。
 世の中そんなふうに美しく正しく動いていないから、中高生向けかな? 

カウントダウン「死の鳥」 フレデリック・ノラン

作品:カウントダウン「死の鳥」 二見文庫 1988
作者:フレデリック・ノラン
内容:「BOOK」データベースより
 英国諜報組織〈ISS〉の米国駐在員、デービッド・ケーンは、マイアミの犯罪組織に潜入しているCIA工作員、アントニー・ジェネベボの監視を命じられる。 英国に亡命したGRU大佐が彼をソ連の協力者だと告発したからである。 同じ頃、ソ連では西側のあらゆる宇宙衛星を破壊できる超攻撃衛星〈死の鳥〉打ち上げ計画が極秘裡に進行していた。 赤い大国の野望を担って暗躍するソ連スパイとそれを阻止せんとする西側諜報員の凄絶な闘い。

メモ:
 「凄絶な闘い」とあるが、「壮絶」かと思ったら「凄絶」だった。 あまり見たことのない表現。
 内容的に、息をのむほどではないものの、それなりに激しい闘いが繰り広げられて、ここ最近読んだ「二見文庫 ― ザ・ミステリ・コレクション」の中では、つっこみどころは多々あるもののそこそこ楽しめたかな。
最新コメント
プロフィール

マラディエ

アクセス
  • 今日:
  • 累計:

楽天市場
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
記事検索
カテゴリー
  • ライブドアブログ