オッさんの備忘録 (ダダを捨てろ!)

一日一麺・アル中ハイマのおッさんの備忘録 読んだ小説や食べたものなどをメモします

外食

はなまるうどん

 散歩の後、フードコートの口開け1番乗りではなまるうどん。
 かけ小 + ちく天 = 275円なり。

 というわけにはいかず、ちく天取って、かけ小と声をかけて見てると、丼にうどんを入れて汁マシンにセットしてボタンを押すと汁が出ない。
 何度押しても出ない。 慌てて中を見ると出汁を引いているのがまだ中に残って、かえしをいれていない状態。
 あー、麺が冷める~...。 

 後ろの方に慌ててとって返してかえしを持ってきて入れてを2度。
 一度で2本持って来いよな~...。

 やっとこさつゆを入れて出来上がり。

 テーブルについてつゆを一口。 案の定ぬるい。
 麺は口開けなだけあり、腰はある。 が、ぬるい。 残念...。
 ちく天も口開けだけど冷めてる。 残念...。

全国のニューオープンの立ち食いそばのお店

 某ログで、時々全国のニューオープンの立ち食いそばのお店をチェックしてるんですが、つい先日こちらのお店が掲載されてました。

 「そば谷」、立ち食いそば好きならピンとくる店名ではないかと。

 2月12日オープンと間もないので情報がなく、毎日チェックしてたら、某ログに口こみ情報が載り、期待通りどうやら復活したみたいです。
 
 オラが暗黒つゆを求めて遠征してた頃に、場所的に、また営業時間故になかなか行くことができなかったそば谷@東十条。
 東十条のそば清は一度お邪魔することができたんですが、そば谷は行けずにいたら閉店してしまっていたのが心残りだったんね。

 板橋区役所前駅から徒歩10分ほどのとこらしいお店、開店時間を見ると20時開店で翌朝の8時までの営業、日曜が定休日とある。
 一段ハードルが上がった...。

 諸般の事情で、平日行くのはなかなか困難なオラ。
 土曜は営業というようなので、日曜の朝8時までやってるのか?
 代替わりしてるのかいないのか?
 つゆは期待通り暗黒なのか?などなど疑問だらけ。

 どなたか立ち食いそばのブロガーの方々に行っていただいて、ぜひ情報を提供して欲しいな~と。
 そうか、仕事終わってから遠征して丁度いいくらいなのか。
 よろしくお願いいたします。

秋田屋@浜松町

~ 秋田屋@浜松町 ~

 新橋でちょうどいい時間になったので、お隣の浜松町へ移動。
 15時半の口開け前に秋田屋の行列の最後尾に並んだ。
  DSCN5836
   横になてる。 まあいいか。

 第一陣で入店できるかな?と思ってたら、席に空きがあるものの少し前で切られ、ある程度飲み物など捌いてから、また入店を始め席が確保できた。

 瓶ビールとたたき、カシラ、レバを発注。 焼き物が焼上がるまでのつまみに漬物も発注。
 久々の秋田屋。
 混雑して煙たいけど、変わらぬいい時間が流れる。
 いい酒場だな。
 ごちそさん!

モンタニィ 1級畑

~ スーパーの飲食スペースで角打ちワイン ~
 秋葉原UDXの1階にある、スーパーの飲食スペースで、店内のワインショップで購入したワインを、500円の抜栓料を払えば呑むことができるので、相方とのんびり呑むために寄ってみた。

 ワインコーナーはカーヴドリラックスの運営。 安くて美味しいワインを提供してくれるお店。
 品ぞろえはスーパーの一角なので多くはないが、冷えた泡や特急畑のワインがあるなど、見ていて楽しい。

 相方に聞くと白がいいというので探すと、お高いのか安いのしかない。
 途方に暮れてると、セール品のワゴンがあり、ブシャールのモンタニィの1級畑が安くなってたので購入することに。
 会計をして、飲食コーナーで飲みたい旨伝えると、新人さんなのか奥に行ってわかる店員さんと交代。
 つまみにイチジクのパンを購入して支払いをすると「冷やしますか?」と嬉しい対応。
 恐縮しながらお願いし、バケツに入ったワインがこちら。
  DSCN5834
   Bouchard Pere & Fils Montagny Premier Cru 2015

 ブシャールは現在アンリオの傘下。 大手メゾンの中でも安心して購入できる作り手。
 2015年というと閉じているかと思ったけれど、蜜のような香りとミネラル感があり、さすが1級畑のワインではないかと。
 イチジクのパンがとても良く合う。 いいネ!

 モンタニィは初めて呑むアペラシオン。
 フランス・ブルゴーニュのワインなんだけど、ブルゴーニュにありながら、日本での知名度はあまり高くない、というか知名度はけこ低いかな。
 モンタニィはブルゴーニュのコート・ドール地区の南にあるコート・シャロネーズ地区の村名A.O.C.(アペラシオン)。
 コート・シャロネーズには5つの村名アペラシオンがあり、ブーズロン(Bouzeron)、リュリィ(Rully)、メルキュレイ(Mercurey)、ジヴリー(Givry)、最南端にあるのががモンタニィ(Montagny)。
 このうちブーズロンとモンタニィは白のみのアペラシオンだそう。

 コート・シャロネーズというとメルキュレイを思い出す。
 ドメーヌ・フェヴレイのクロデ・ミグラン(Mercurey 1er Clos des Myglands)。
 やはり、この地域のワインはブルゴーニュなんだなと実感させてくれるワイン。
 コート・ド・ニュイの有名どころだけがブルゴーニュじゃなく、こんなワインがあるんかいな?という土地の特徴を見事に体現してる。
 ACブルゴーニュの値段で1級畑のワインが呑めるのだからたまらんね。

 脱線したけど、モンタニィはいいワインでした。

ビーフキッチンスタンド(BEEF KITCHEN STAND)新橋店

~ ビーフキッチンスタンド(BEEF KITCHEN STAND)新橋店 ~
 新橋駅前ビル1号館 地下1階にある。
 呑んべいのたむろする新橋駅前ビル1号館。 そんな中にあって異国の街角みたいな店構えのこちら
 ビーフキッチンのとおり、50gのステーキが298円で食べられるステキなお店。
 というより、アルコール類もつまみ類も破格なお店という印象。

 こちらへは2度目の訪問となる。
 お目当ては、ちょい飲みプラン1000円(+税)。
 AとBがあり、Aプランはステーキ等の主菜から1品、サイドメニューから2品、飲み物1杯。
 Bプランは主菜 or サイドメニューから1品、飲み物2杯。
 今回はオラがBプラン、相方はAプラン。

 飲み物は生ビールをチョイス。 ワインはなみなみついでくれるけれど、今回はパス。
 主菜から牛と豚のステーキとサイドからポトフとほうれん草のなんちゃら。
 ステキは鉄板に乗ってくるので、焼き加減を好みにできる。
 味付けも自分で好きなソースをかけて食べる。

 食べて飲んで次に行くことにしてお会計。
 2200円なり。 安いな~。 ごちごち。 
最新コメント
プロフィール

マラディエ

アクセス
  • 今日:
  • 累計:

楽天市場
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
記事検索
カテゴリー
  • ライブドアブログ