オッさんの備忘録 (ぐだぐだな日々)

一日一麺・アル中ハイマのおッさんの備忘録 読んだ小説や食べたものなどをメモします

B・フリーマントル

クラウド・テロリスト 上・下 ブライアン・フリーマントル

作品:クラウド・テロリスト 上・下 新潮文庫 2017
作者:ブライアン・フリーマントル
 米国NSAの局員アーヴァインは暗号解読の専門家。 中東のテロリストを炙り出すためのプロジェクト「サイバー・シェパード」を 立ち上げた。 その矢先に世界各地で同時多発テロが発生するが、被害は最小限に止まる。 その立役者は英国MI5の諜報員サリーだった。 次なるテロを阻むべく手を組んだ二人は、逃亡したテロリストの首魁アスワ ミーの行方を追ってサイバー空間を渉猟していくが…。

 イギリスが検挙したテロリストを訊問したアメリカは、大失態を犯す。 国家の思惑を背負いながらも互いに惹かれ合うアーヴァインとサリー。 アーヴァインはアスワミーに繋がるアドレス「スマートマン」を発見したもの の、発信元にはたどり着けない。 テロリストたちの真の狙いとは? 緊迫感が募っていく中、サリーはある符号に気づいた… スパイ小説の巨匠が放 つ迫真の電脳諜報サスペンス!

メモ:
 主人公は、米国NSA(国家安全保障局)の職員。
 CIAが主にヒューミント(HUMINT)を担当し、NSAは主にシギント(SIGINT)を担当するそう。
 タイトルから連想されるとおり、情報収集とその分析が主体となっている。
 読んでいくと、途中から英国MI5の女性情報部員が主人公になっていく。 なんだかチャーリー・マフィンの奥さんみたいなキャラクター。
 物語は、フリーマントルらしい展開で、組織内外の政権争いや管轄権争いなども交わり、なかなか面白く読めた。

トリプル・クロス 上・下 ブライアン・フリーマントル

作品:トリプル・クロス 上・下 新潮文庫 2007
作者:ブライアン・フリーマントル
内容:「BOOK」データベースより
 X字形の木材に縛られた死体がモスクワ市内の川に浮かんでいた。 モスクワ民警のダニーロフはその拷問の痕にロシア・マフィアの影を見る。 その頃、長い抗争の果てに「ボス中のボス」として名を馳せたオルロフは、米伊をまじえた巨大なマフィア同盟を目論んでいた。 またもやFBIのカウリーと手を組んだダニーロフは意外な真実を知る。 裏切りにつぐ裏切りが過去の亡霊を呼び覚ます。

 成立目前の世界三大マフィア同盟。 ロシアを拠点に欧米へ流れる麻薬、偽造通貨、古美術、女。 世界は彼らに牛耳られてしまうのか? ベルリンでの三者会談を追って、ダニーロフとカウリーは現地へと飛ぶ。 捜査の裏をかき続けてきたボスたちの、さらに裏をかくために…。 双方の緻密な戦略による、緊迫の頭脳および神経戦。 手に汗握る、迫力の大団円。 米露捜査官シリーズ最新刊。

メモ:
 このシリーズは、ロシアとアメリカにまたがる事件でないと成立しないので、必然的にマフィアがらみの事件が題材となる。
 3作目を読んで、これ以上発展性がないと思って4作目には行かなかったようだが、それが正解だったかもしれない。
 ダブル主人公がそれぞれ問題を抱えていて、それにより物語を複雑に見せているだけで、物語はわりと単純なまま。
 読者は注文が多いな。

B・フリーマントル カウリー&ダニーロフ・シリーズ

~ ブライアン・フリーマントル
   カウリー&ダニーロフ・シリーズ ~

ダニーロフ&カウリー・シリーズなのか?

 ① 猟鬼 The Button Man(1992年) 新潮文庫(1998年)
 ② 英雄 No Time for Heroes(1994年) 新潮文庫(2000年)
 ③ 爆魔 The Button Man(2002年) 新潮文庫(2004年)
 ④ トリプル・クロス Triple Cross(2006年) 新潮文庫(2007年)

 FBI捜査官カウリーとモスクワ民警のダニーロフが、両国にまたがる
事件に関して共同捜査を行うシリーズ。
 久しぶりに読み直してみて、なかなか良かったので、読んでなかった④ トリプル・クロスを購入。
 どんなんでしょ?

暗殺者オファレルの原則 ブライアン・フリーマントル

作品:暗殺者オファレルの原則 新潮文庫 1993
作者:ブライアン・フリーマントル
内容:「BOOK」データベースより
 オファレルは46歳のCIA暗殺工作員。妻には身分を偽り、他人の記憶に残ることを極力避ける。 家族を愛し、酒はマティーニを一日一杯。週末には必ず車を洗う。 そんな彼の原則が徐々に崩れ始めた。 娘の離婚騒動、孫を襲った麻薬疑惑、そして殺人という行為への罪悪感…。 だが、家族のためにもう一度だけやらねばならない。 彼は最後の標的、駐英キューバ大使リベラの元へと向かった。

メモ:
 フリーマントルの長編作品はある程度読んだと思っていたが、読んでいない作品を見つけたので購入。
 また、フリーマントル作品の短編集は基本読んでない。 短い作品は小説を読む楽しみが薄い?少ない?という気がするんで。
 で、この作品。 フリーマントルらしくない、というか、ロバート・ラドラム作品のような偏執的でヒステリックな展開。
 そして、想定できたにしても結末がなんともやるせない結末だったな。

ブライアン・フリーマントル

 最近読む小説がなくなってしまい、また興味が持てる?時間つぶしになるような作品が見つからず、しゃ-ないからブライアン・フリーマントルのチャーリー・マフィンシリーズを読み直してる。
 作品は、1977年の「消されかけた男」から始まり、2009年の「顔をなくした男」までの長期間、途中にカウリー&ダニーロフなどの作品を挟んで、翻訳作品15作品を出しているシリーズ。
 最後の作品は、「事件は会議室で起こってるんじゃない~」みたいな、ほとんどが尋問で終わるという、何とも動きのない作品で終わっているのがなんともなんともな消化不良な終わり方。
 とはいえ、主人公のチャーリー・マフィンシという人物像を作り上げたフリーマントルの手腕は素晴らしい。
 ヨレヨレのスーツに、大きなハッシュ・パピーを履いて、おかしな見た目で相手を油断させて出し抜き、周到に準備して常に生き残ることを目指すというのは、潔ぎ悪いようで潔ぎいい。
 このシリーズを読み終わってしまったら、次は何を読めばいいんだろ?
最新コメント
プロフィール

マラディエ

アクセス
  • 今日:
  • 累計:

楽天市場
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
記事検索
カテゴリー
  • ライブドアブログ