オッさんの備忘録 (ぐだぐだな日々)

一日一麺・アル中ハイマのおッさんの備忘録 読んだ小説や食べたものなどをメモします

B・フリーマントル

最後に笑った男 上・下 ブライアン・フリーマントル

作品:最後に笑った男 上・下 新潮文庫 1987
作者:ブライアン・フリーマントル
内容:「BOOK」データベースより
 西ドイツの民間会社が中央アフリカのチャドに、第三国へ貸与するためのスパイ衛星基地を建設した。 情報を得たCIA長官ピーターソンは現地で工作を開始するがことごとく失敗。 同じころ、あいつぐ工作員の死にKGB議長ペトロフも焦躁を深めていた。 このまま事態を放置すれば、世界情勢に重大な変化が及びかねない。 CIAと
KGBはついに、協同で妨害工作に当たることを決意する。

 スパイ衛星打ち上げを阻止すべく、
CIAとKGBの混成部隊は3班に分かれて工作を開始した。 西ドイツ政府派遣の視察員として基地潜入に成功したボウラーとリンツは工作の機会をうかがうが、実行できないまま時が過ぎてゆく。 打ち上げは秒読み態勢に入り、CIA長官ピーターソンは窮地に追いこまれていた…。 前代未聞の共同作戦を息づまる筆致で描く、華麗なスパイ冒険小説。
 
メモ:
 
CIAとKGBが共同作戦を展開するというのは、スパイ小説の中でもかなり異色ということになりのかと。 
 ただ、冷戦後の世界ではなきにしもあらずかもしれないが、非現実的か。
 その後の
カウリー&ダニーロフの物語はこの作品が出発点になっているというところか。

 人気ブログランキング

明日を望んだ男 ブライアン・フリーマントル

作品:明日を望んだ男 新潮文庫 1980
作者:ブライアン・フリーマントル
内容:「BOOK」データベースより
 アルプスの湖底から発見された箱の一つが消え失せた。 ニュールンベルク裁判を逃れたナチ高官の経歴を網羅した、人名リストが入っているらしい。 旧ナチ親衛隊組織と、イスラエル政府は、必死の奪回作戦を開始した。が、いま一人、深い関心をもつ男が…。 ソ連宇宙開発の中枢、世界的精神分析医クルノフ博士は、実は強制収容所での生体実験責任者だったのだ……。

メモ:
 
作品の出来は悪くないがなんとなく古さを感じてしまうのはいたしかたないか。

 人気ブログランキング

十二の秘密指令 ブライアン・フリーマントル

作品:十二の秘密指令 新潮文庫 1994
作者:ブライアン・フリーマントル
内容:「BOOK」データベースより
 英国情報機関内にどうやら「もぐら=二重スパイ」がいるらしい。 情報工作本部長サミュエル・ベルは、自らの部下の内偵という屈辱的作業を強いられ、組織内での孤独感を深めてゆく。 窮余の一策としてベルは部下の信頼度を試す「秘密指令」を作成。 指令の遂行過程に組み込んだ巧妙なプログラムは、見事スパイを突き止めたかに思えたが…。 連作短編に挑んだフリーマントルの異色作。

メモ:
 
連作短編といことで、物語は続いていくので、短編を読んでるという印象が薄まるのはいい。
 
英国情報機関内にいる「もぐら」という定番のお話だが、なかなか楽しめた。

 人気ブログランキング

殺人にうってつけの日 ブライアン・フリーマントル

作品:殺人にうってつけの日 新潮文庫 2007
作者:ブライアン・フリーマントル
内容:「BOOK」データベースより
 協力者の元KGBスパイに裏切られ、妻まで奪われた末に逮捕。 元CIA工作員メイソンは、獄中で15年ものあいだ、彼らに対して鉄壁の復讐計画を練り続けていた。 ハッキング技術の習得、肉体の鍛錬、周倒な下準備。 あらゆる手段を駆使して元妻の幸福な家庭に迫る復讐者が、照準を合わせた意外な人物とは。 情報のプロ同士が繰り広げるすさまじい頭脳戦、巨匠による最高峰サスペンス。

メモ:
 読む作品がなくなって、昔の作品を引っ張り出してみた。 
 
 少し古い感じの作品だが、なかなか楽しめたかな。
 終わってみれば、
母は強いのか、女性が強いのか。

 人気ブログランキング

スパイよさらば ブライアン・フリーマントル

作品:スパイよさらば 新潮文庫 1989
作者:ブライアン・フリーマントル
内容:「BOOK」データベースより
 二重スパイ・ハートマンは、もう引退したかった。 病床の妻は死に、息子は独立した。 金のための嫌な仕事をする必要はない。 そろそろ老いも感じる。しかし、あまりに卓越したその経歴のため、二大国の情報部は決して彼を自由にしてくれなかった。 だが、ついにチャンスが訪れた。 彼の身代りになってくれそうな男を見つけたのだ。 人並みの幸せを夢みたスパイが立てた完壁な作戦とは?

メモ:
 クレイグ・トーマスの最後の1作を温存して
の1作目。 
 フリーマントルなら不足はないでしょう。
 比較的短い作品だが、よく出来ている。 引退させてくれない晩年に入ったスパイの行く末。
 最後は予定調和。

 人気ブログランキング
最新コメント
プロフィール

マラディエ

アクセス
  • 今日:
  • 累計:

楽天市場
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
記事検索
カテゴリー
  • ライブドアブログ