オッさんの備忘録 (ダダを捨てろ!)

一日一麺・アル中ハイマのおッさんの備忘録 読んだ小説や食べたものなどをメモします

神奈川

豚の味珍 西口狸小路

 また横浜に。
  DSCN5490
 口開けの豚の味珍。
 たのんだものは、
  DSCN5492 (2)
 前回同様に、胃袋と頭。 ハチノスもあったんでそれと、白菜。
 とても気持ちいいい接客で、ホスピタリティが素晴らしい。
 また行きたいな。
 ご馳走様でした。
 

みなと刺身専門店 横浜

 久々にヒットしたお店。 悪い意味で。
 横浜駅から狸小路へ。 インターネットの情報でなかなか良さそうなんで行ってみた。 みなと刺身専門店@横浜。
 ちょうど、空いているスペースがあったんで、そこへ。
 まず飲み物を聞かれ、ビールを発注。 その後、ホワイトボードを見ながら、刺身を注文。
 刺身は情報のとおり、CPはいい。
 その後、生牡蠣があったんで、牡蠣を発注。
 産地の読み方とどこの県のかわからなかったんで、「この牡蠣の産地はどこのですか?」と調理担当の男性店員に聞いたら、「スマホ持ってるでしょ?そこで調べてよ、こっちは忙しいんだから」みたいなこと言われて唖然!
 すかさず、気風のいい女性店員さんが、「北海道」と答えてくれて、フォロー。
 店に入ってからのことを、よくよく考えたら、男性店員は常連と思しき客とゴルフの話ばかりして手が遅いし、気風のいい女性店員さんが、牡蠣を剥いてくれたし、また「今日は赤貝を半箱剥いた」と言っていたから、その牡蠣の産地すら把握していなかったんだろうなと。
 その日は貝がほかに2種類ほどあったんだけど、それも剥いたのは女性店員さんなのは間違いないかと。
 刺身切る以外は自分の仕事じゃない、みたいな雰囲気ありありで、この店は気風のいい女性店員さんが回してるのを理解した。
 恐らく給料にかなり差があると思うと、その男性店員の下で働かなくてはなんないのは、なんか気の毒に思ってしまた。
 女性店員さんに「ごちそうさま」と声をかけてお店を後にしましたとさ。 当然男性店員からは「ありがとう」の一言もなかったのは言うまでもないが。
 お店に入って、怒るというより、なんだか寂しい気分になったのは久々だたな。

中華立飲 風来坊 ぴおシティ@桜木町

~ 中華立飲 風来坊 ぴおシティ@桜木町の巻 ~
 桜木町改札出て、野毛ちかみち途中にある「ぴおシティ」。
 地下街?をぐるぐる回って、やけに紅いお店が見えたんで、何のお店?と思ったら、そうそう新しく出来たお店があったんだよねと。
 お店の名前は、中華立飲 風来坊。 ビール大瓶400円と書いてあったんで、時間調整兼ねて寄ってみた。
 最初お店員さんに奥のテーブルに案内されたんだけど、煙モクモクで、「すみません、タバコの煙苦手なんで」と伝えると、快く手前の席に変えてくれた。 ありがたいね。
 ヘヴィ・スモーカーだったのに、止めたらものすごく苦手になちゃてね。
 で、ビールと春巻きを発注。 文庫本片手に呑んで、お会計。
 滞在時間20分弱。 1000円未満でなんだか申し訳なかった。
 中華料理の立ち呑みはあまり聞いたことないから、バリエーションとしてはいいね。
 ごちごちでした。
 

国民酒場 じぃえんとるまん 桜木町

~ 国民酒場 じぃえんとるまん@桜木町の巻 ~
 赤星大瓶が破格の「じぃえんとるまん」。 相方はワールドポーターズで買い物するってんで、オラはぴおシティの地下2階を目指す。
 若いカップルが、凍結まるごとレモンサワーで有名な「ふくふく」に並んでる。
 酒にそんなデコレーションは必要ないと思うが、インスタとかに揚げるために行くんかな?
 まあ、チューハイはまず呑まないからいいんだけどね。
  DSC_180909 jentre
 なんかの煮物? 赤星。 あとは鉄板焼きの何かを頼んだような。
 キャッシュ・オンの明朗会計。 店員さんの対応もきちんとしてる。
 気持ちよく呑めるいいお店だ。
 ごっちゃんです。

川村屋 桜木町

~ 川村屋@桜木町の巻 でも未食 ~
 桜木町改札出て、川村屋@桜木町で生青汁を呑もうと思ったら、
  DSC_180909 sakuragi
 売り切れだー。  残念...。
 目的が青汁だったんで、そばはパス。
 このお店で、売り切れは初めて見たな。
最新コメント
プロフィール

マラディエ

アクセス
  • 今日:
  • 累計:

楽天市場
Amazonライブリンク
記事検索
カテゴリー
  • ライブドアブログ