オッさんの備忘録 (ぐだぐだな日々)

一日一麺・アル中ハイマのおッさんの備忘録 読んだ小説や食べたものなどをメモします

東京

十割蕎麦 嵯峨谷

 先日、十割蕎麦 嵯峨谷が6月末から8月にかけてパタパタと閉店し、現在店舗数は半分ほどになってしまったというブログ記事を読んだ。
 どなたの記事かは失念。

 体力のありそうなチェーン店にもコロナの影響は出てきているんだなと、あらためて気付かされた。

 嵯峨谷は、石臼引きのそば粉十割、押し出し式製麺、茹で立てのそばが破格で食べられるのが売りだけど、実は押し出し式製麺のそばは、どちらかというと好みからは外れてる。
 なんというか、生麺や茹で麺の食感と違って、つるんとした感がして、そこが合わないというか。
 でも嵯峨谷は、かけつゆが気に入ってるのと、150円の生ビールと味噌胡瓜で一杯呑んでから、かけそばで〆るというのが気に入ってて、気が向いたときに何度も行っていた。

 最近では、歌舞伎町店に行くことが多かったけれど、それ以前は、水道橋店にもよく行っていて、したら、その両店舗とも今回閉店してしまったそうだ。
 コロナで何ヶ月も上京を自粛してるうちに、だいぶ状況が変わってしまっているようだ。
 現存する嵯峨谷では、土日の自分の行きたい時間帯に営業してるのは渋谷店のみとなってしまった。

 一方で、外観が似ている炭火焼魚定食屋の「しんぱち食堂」を念のため調べると、大阪にもつい最近出店したようで、こちらは増殖している。
 どちらもサクッと食べられる業態なんだけど、どこが違うんだろ?

 そうそう、「しんぱち食堂」が八王子にも出来たみたいで、あとひと山越えて山梨に来てくれないかな~と。

渋谷 本家しぶそば

 シブヤ経済新聞の記事で、本家しぶそば@渋谷が9月に閉店することを知った。
 
 実際にこのお店を訪れたのは大分昔の話。
 東京の立ち喰いそば屋を巡るようになった初期のころに伺った。
 お店は何情報から得て行ったんだったかは記憶にないが...。

 「旨い!立ち食いそば・うどん ― 東京・駅別大調査」という文庫本だったかな?と見てみたら、渋谷駅は「二葉」というお店が掲載されていた。
 なぜに「本家しぶそば」じゃないのか?と検索すると、本家しぶそばの旧店名が「二葉」ということらしい。 へ~。

 立ち喰いそばの本としては、先駆的だった「旨い!立ち食いそば・うどん ― 東京・駅別大調査」には、お世話になった。
 ミレニアムに刊行された本なので、古い情報かもしれないけれど、当時としては画期的だと感じていた。
 インターネットで何でも調べられると思っても、それだけではない情報はたくさんあって、自分自身の五感が大切なんだな~と。

 再開発でどんどん新しくなっていくことを否定するものではないけど、どこに行っても同じような清く正しく美しいものだけに魅力があるわけでもないんだよな~と思うのね~。

 再開発後はどんな景色になるんだろ?

そば新が閉店

 蒲田駅西口の「そば新」が6月16日に閉店したことを、ブログ記事で知った。
 自由が丘のそば新も19日で閉店したとのことで、すべて閉店したとあり、調べたら、御茶ノ水駅横のお店も、新富町のお店も閉店してた。

 荻窪に系列の「天亀」があって、最初にそのお店が閉店したのかな?
 蒲田には京急蒲田駅前にもあったりして、徐々に拡大していったと思ってたら、知らないうちに閉店が進んでいた。

 最後に食べたのいつだっけ?と思って検索したら、3年以上前の記事だった。
 二日酔いの早朝に、だしの効いたつゆが染みたんだよな~と。

 コロナの影響なのかな?
 立ち喰いそば屋は狭小のお店が多いし、回転が良くないと儲けは出ないだろうし。
 コロナではないけど、六文そば@昌平橋をはじめ、宿題だった三松@三河島、千曲そば@新宿も閉店したとブログ記事で知った。

 その一方で、とんがらし、そば谷の復活は明るいニュースだったな。
 天のボリュームを考えると「とんがらし」だけで一日が終わりそうだからなかなか行く勇気はないけれど、そば谷の暗黒つゆがどんなんだか一度試してみたいな~と。

 19日から県をまたいだ移動が可能になったとはいえ、食べ歩きに気軽に行くのもちと不安、というのもあって、なんだかな~な時代に入ってしまったなと。

太蕎麦のレギュラー化

 立ち喰いそばの記事を検索していて、一由のツイッターを見たら、一由そば & 一○そば で、期間限定販売されていた太蕎麦(270円)がレギュラー化になたと。
 嬉しいな~。

 とはいえ、4月2日の山梨県知事の記者会見で「東京・大阪などの都市部への不要不急の外出を4月12日まで控えるよう要請」ということもあり、当分は無理っぽい。

 また、県内の9例目の40代女性会社員は3月下旬に京都・大阪に滞在し、夜行バスで移動して帰宅後に、発熱、味覚・嗅覚の障害などで陽性となったそう。
 バスの乗客乗員28名が濃厚接触者となった。
 仕事なのか何なのかわかりませんが、感染者が多いところへ行くのは危険だ...。

 それにしても、東京・大阪などでは感染者が増え続けてる。

 ま~いつかそのうち行けるでしょ。 それまでじっと我慢だな。

六文そば 昌平橋店

ロケットニュースをチェックしてたら、衝撃的なニュースが!
 六文そば昌平橋店が4月一杯で閉店するらしい。
 ビルの建て替えで閉店するそうだが、移転再開などの予定はない模様だ。
 なんてことだ...。 またお気に入りのお店がなくなってしまう。

 しかし、コロナコロナで、東京へ行くのがはばかれるこの時期、行きにくい...。
 のこのこ出掛けて感染なんかしようものなら、周りから何を言われることやら。

 その一方で、飯田橋にあった「天かめ」が閉店し、「永坂庵」になり、また閉店し、今度は「亀島」になったという記事を読んだ。
 経営母体は一緒なんかな?
 飯田橋は行きにくい場所なので、なかなか寄れないけれど、個人的には「永坂庵」の田舎そばは食べてみたかったかな。

 先行きどうなってしまうんだろ?


最新コメント
プロフィール

マラディエ

アクセス
  • 今日:
  • 累計:

楽天市場
記事検索
カテゴリー
  • ライブドアブログ