オッさんの備忘録 (ダダを捨てろ!)

一日一麺・アル中ハイマのおッさんの備忘録 読んだ小説や食べたものなどをメモします

A・マクリーン

さらばカリフォルニア  アリステア・マクリーン

作品:さらばカリフォルニア  ハヤカワ文庫 1991
作者:アリステア・マクリーン
内容:「BOOK」データベースより
 ロサンゼルス近郊の原子力発電所が、テロ集団に襲撃された。 犯人たちは放射性物質を強奪し、さらに原子物理学者と職員数名を誘拐―。 そこにはライダー主任刑事の妻スーザンも含まれていた。 愛する妻を救うべく、
必死の捜査を続けるライダー。 一方、盗んだ放射性物質から核爆弾を製造したテロ集団の首領モロは、これを使用してカリフォルニア州全域を壊滅させると通告してきた! 核テロリズムの恐怖を描く冒険サスペンス

メモ:
 アリステア・マクリーンの作品を追加購入した最後の作品。
 今回は核兵器をの原料と原子物理学者を誘拐するというテロのお話。
 この作者の特徴か、核兵器に関する歴史の長い記述があり、過去にどの国保有したり、技術がどのように流出したかが書かれてる。
 現在、ITに関する技術の漏出に歯止めをかけようと米中が対峙しているが、核の技術も中国は米留学した大学生がせっせと盗んでいたとか。 ウランも同時に紛失していたので、帰国の際に一緒に盗んだということらしい。
 さもありなん、多分事実なんだろな。 
 あと、文書公開により、あまりにも情報が簡単に入手できることも記述されていた。
 知る権利だけでなく、秘密にする権利もあると思うので、何でも公開というのはどうかと思うな~。

悪魔の兵器 アリステア・マクリーン

作品:悪魔の兵器 ハヤカワ文庫 1989
作者:アリステア・マクリーン
内容:「BOOK」データベースより
 生物兵器の開発では世界の最先端を行くイギリスのモードン研究所。 その実験室に何者かが侵入し、所員を殺害した上、恐るべきウイルス、サタン・バグを奪い去った。 このウイルスは微量で全世界を破滅させることができ、これを防ぐワクチンは発見されていない。 前警備部長のキャヴェルは内部の犯行と見て、調査を開始。 だが不敵な犯人は、研究所を閉鎖しなければ、奪った生物兵器をロンドンで撤くと通告してきた! 果たしてキャヴェルは
残された時間で犯人の正体を暴き、惨事を阻止できるか? 冒険小説の王者が忍び寄る生物兵器の恐怖を描く!

メモ:
 アリステア・マクリーンの作品を追加購入した3作目。
 生物兵器となるウイルスを使ったテロのお話。
 主人公が何度も何度も敵にやられても立ち上がって最後に勝つというハラハラするような展開。
 ありえねーと思うのかどうかは人それぞれかと。
 まあ暇つぶしにはなるかな。

雪原の炎 アリステア・マクリーン

作品:雪原の炎 ハヤカワ文庫 1992
作者:アリステア・マクリーン
内容:「BOOK」データベースより
 最新設備を誇るアラスカの石油基地にパイプライン破壊の予告状が届き、次いでポンプ・ステーションが爆破された。 油田事故調査員のダーモットは調査を開始、犯人が基地内部に潜んでいることを突き止める。 だが、ほぼ同時にカナダの油田にも同じ内容の脅迫が届けられ、今度は誘拐事件が起きていた。 二つの油田地帯を襲った黒い影を追って、ダーモットは極北の大雪原を駆ける! 巨匠が男たちの息詰まる対決を描く冒険小説

メモ:
 アリステア・マクリーンの作品を追加購入した2作目。
 内容そのものよりも、極寒のアラスカが舞台ということで、読んでるだけで寒々しい。
 現状はどうなのかわからないが、石油施設を破壊し脅迫することは簡単なのか?というシンプルな疑問が残るが、まあ暇つぶしにはなるかな。

麻薬運河 アリステア・マクリーン

麻薬運河 アリステア・マクリーン
作品:麻薬運河 ハヤカワ文庫 1977
作者:アリステア・マクリーン
内容:「BOOK」データベースより
 巨大な麻薬組織を追う国際刑事警察のポール・シャーマン警部は、二人の美しい女性捜査官と共にアムステルダムに到着した。 だが極秘のはずの彼らの行動は早くも相手に知られ、重大な情報を持って空港に出迎えた部下のデュクロは、シャーマンの目の前で射殺された。 組織の壊滅を心に誓ったシャーマンは、捨身の捜査を開始した。 美しい運河の街は一転して凄惨な戦いの場と化していく! 息もつかせぬテンポで叩きつける会心の冒険ミステリ。

メモ:
 アリステア・マクリーンの作品を読み直していて、比較的面白いと思ったんで追加購入した作品。
 スパイものが多い中での刑事もの。 それもインターポールの。
 インターポールって確か捜査権があるわけではなく、各国の繋ぎをする機関だったような。
 まあそこは物語ということで。
 麻薬に係る小説は似たか寄ったかだけど、切り口というか、流通のさせ方は目新しい。
 そこそこ楽しめた。

最後の国境線

 作品:最後の国境線 ハヤカワ文庫

  作者:アリステア・マクリーン

  内容:「BOOK」データベースより
  
弾道学の世界的権威ジェニングズ教授を救出せよ! 英国の特別工作員
 レナルズ大尉に課せられた任務は、困難きわまりないものだった。教授は、
 共産側の手によって妻子を人質にとられ、鉄のカーテンの彼方、雪に閉ざさ
 れたハンガリーへと連れ去られたのだ。しかも絶えず監視の目を光らせてい
 るのは、残虐非道な秘密警察AVO。単身、ハンガリーへ の潜入を図ったレ
 ナルズに、その魔手は早くも忍び寄ってきた!
  極寒の大雪原に繰り広げられる壮絶なスパイ戦! 強烈なアクションとス
 ピードで描きあげた冒険ロマンの最高峰!

 メモ:
  何度も捕らえられては脱出という、そんなに過酷でなくても、と思うくらいに
 畳み掛けてきて、最後はこちらもぐったり。 とりあえず手元のマクリーンの
 作品はなくなったので、お次に行きましょ。
最新コメント
プロフィール

マラディエ

アクセス
  • 今日:
  • 累計:

楽天市場
Amazonライブリンク
記事検索
カテゴリー
  • ライブドアブログ