オッさんの備忘録 (ダダを捨てろ!)

一日一麺・アル中ハイマのおッさんの備忘録 読んだ小説や食べたものなどをメモします

S・ハンター

蘇えるスナイパー 上・下 スティーヴン・ハンター

作品:蘇えるスナイパー 上・下 扶桑社ミステリー文庫 2010
作者:スティーヴン・ハンター
内容:「BOOK」データベースより
 4件の狙撃事件が発生した。 まずニューヨーク郊外で映画女優が心臓を射抜かれて即死。 続いてシカゴの住宅街で大学教授夫妻が頭部を撃たれて死亡。 クリーヴランドではコメディアンが口を射抜かれて絶命する。 使用ライフル弾はどれも同種と判明し、捜査線上にヴェトナム戦争の最優秀狙撃手が浮上するが、彼もまたライフル銃での自殺と推定される状況で発見される。 事件は落着かに見えたが、FBI特捜班主任ニック・メンフィスはこれに納得せず、親友のボブ・リー・スワガーに現場検証を依頼した。 「ボブ・リー・スワガー」シリーズ第6弾。

 ニューヨーク・タイムズを初め各メディアは連続狙撃犯の正体は自殺したヴェトナム戦争の名狙撃手だと報道したが、ボブは敢然と異を唱える。 最大の理由は異常なまでに正確な狙撃精度だった。 被疑者が持っていた旧式のスコープで、ここまでの精密射撃は不可能だった。 それを可能にするのは超小型コンピュータ内蔵のハイテク・スコープ“iSniper”だけ…。ボブはその製造販売会社の実地講習会に潜入することを決意する。 スナイパーの精髄を描破したシリーズ空前の傑作。

メモ:
 ストーリー的にはそれほど複雑ではなく、桃太郎侍とか必殺シリーズなんかの時代劇を見ているような予定調和な物語。
 
 
人気ブログランキング

黄昏の狙撃手 上・下 スティーヴン・ハンター

作品:黄昏の狙撃手 上・下 扶桑社ミステリー文庫 2009
作者:スティーヴン・ハンター
内容:「BOOK」データベースより
 ボブの娘ニッキはニューヨークの大学を卒業後ヴァージニア州ブリストルの新聞社に就職し記者として活躍していた。 ある日の夕刻、地元に蔓延しつつある覚醒剤汚染の取材を終え車で帰路についていた道中、山道で彼女の車は正体不明の車に体当たり攻撃を受けた。 攻撃を2度まではかわしたが、3度目はたまらず彼女は車もろとも森のなかへ突っ込んでしまった。 ニッキが昏睡状態で入院中との一報を受けたボブは急遽現地へ飛ぶ。そこで、彼を待ち受けていたものは…。 ボブの新たな闘いが始まる。

 ナスカーレースを間近に控え、沸き立っているブリストルの街に着いたボブは一路、ニッキの病院へ向かった。 幸い娘の容態は良好と知らされると、彼は即座に娘を狙った犯人捜しの聞き込みを開始する。 その彼を尾行する男たちが現われた。 彼らは犯罪者集団グラムリー一家の者たちだった。 かつてボブの父アールが“悪徳の都”ホットスプリングズで対決した犯罪者集団グラムリー一家の末裔たちだ。 日本刀での死闘で負った刀傷が完治しない体を奮い立たせ、使い慣れた銃を手にボブは闘いの地へ赴く。

メモ:
 ナスカーについてもかなり詳しい。 なんとなく思ったのが大藪作品。 メカニカルな部分に言及するところなどは、大藪作品を彷彿させる。
 少し前に出てきたFBIのニック・メンフィスも出てきたりと、同窓会のよう。 暇つぶしにはまあいいかな?

 

 
人気ブログランキング

四十七人目の男 上・下 スティーヴン・ハンター

作品:四十七人目の男 上・下 扶桑社ミステリー文庫 2008
作者:スティーヴン・ハンター
内容:「BOOK」データベースより
 間もなく60歳を迎えるボブ・リー・スワガーはアイダホ州クレイジーホースからかなり離れた未開地で開墾に精を出していた。 そこへ矢野と名乗る日本人が訪ねて来る。 矢野の父は硫黄島で玉砕していた。 その父が携えていた軍刀をボブに捜して欲しいと言うのだ。 さらに、あの戦闘でボブの父と矢野の父は直接対決していた可能性があるとも付け加えた。 矢野の言動に好感を抱いたボブは彼の意を汲み、軍刀捜しの協力を快諾した。 暫らく後、ボブはそれと思われる軍刀を手に入れ、日本へ向け旅立った。

 矢野一家は惨殺され、件の軍刀は何者かに持ち去られていた。 ボブは矢野の敵討ちと軍刀の奪還を決意し、剣術を体得すべく道場で厳しい稽古の日々を送ることになった。 数奇な過去が隠されていた日本刀。 それはあたかも妖気を放つように、事件を誘発していく…。 そしてボブは日本刀を手に最終対決に臨む。 かつて父アールが名誉勲章を授与される場で、なぜバーボンを飲んでいたのか。 ついにその理由が明らかになる。 “サムライ映画”にのめり込んでいたハンターが日本を舞台に放つアクション巨編。

メモ:
 やけに刀とかに詳しい思ったら、作者が“サムライ映画”にのめり込んでいたとは知らなんだ。
 今回の敵は
AV会社の大物というのもなんだかな~な。
 まあ、ヤクザやAV、歌舞伎町の花園神社や靖国神社などが出てきたりして、外国人から見た日本はこんなん映るのね~。
 内容的には勧善懲悪、時代劇というか出来の良くないチャンバラ映画を見ているような印象だたな。
 

 
人気ブログランキング

真夜中のデッド・リミット 上・下 スティーヴン・ハンター

作品:真夜中のデッド・リミット 上・下 新潮文庫  1989
作者:スティーヴン・ハンター
内容:「BOOK」データベースより
 アメリカ・メリーランド州の山中深く埋められた核ミサイル発射基地。 難攻不落のこの基地が、謎の集団に占拠された。最新鋭核ミサイルの発射を阻止するためには、基地へ侵入するしかない。 ミサイル発射までに残された時間は十数時間。 基地奪回に出動した歴戦の勇士プラー大佐率いる特殊部隊デルタ・フォースは世界の終末を救えるのか…。 息づまり迫力で描く大型軍事サスペンス。

 核ミサイル基地を占拠した謎の集団の正体が明らかになった。 彼らはたんなるテロ集団ではなく、激しい訓練を受け、組織された軍隊だったのだ。 真正面から彼らに戦いを挑む特殊部隊デルタ・フォース、州兵、レンジャー部隊。 そして、廃坑のトンネルから基地侵入を図るベトナム帰還兵ウォールズと元ベトコンの女性戦士ファン。 核ミサイル発射へのデッド・リミットは刻々と迫る…。 

メモ:
 核ミサイル発射基地の乗っ取りという着想は面白い。
 内容的にはドタバタした感じで、暇つぶしにはまあいいか。
 でも、実際の戦闘となるとこの物語のような展開になるのだろうと思うと何ともやうせない。
 

 
人気ブログランキング

狩りのとき 上・下 スティーヴン・ハンター

作品:狩りのとき 上・下 扶桑社ミステリー文庫 1999
作者:スティーヴン・ハンター
内容:「BOOK」データベースより
 1971年ワシントンDC。二十二歳になる海兵隊所属ダニー・フェンはかの地ヴェトナムでの軍務をはたし本国へ帰還、退役まで一年余りとなっていた。 その彼に海軍情報部の人間が接触して来た。 ダニーと同じ隊に所属する一等兵の行動を監察し報告せよと言うのだ。 彼は反戦活動家に情報を流していると言う。 拒否すればヴェトナム送りだと脅されダニーはしぶしぶ従うが、証言を求められると決然とそれを拒否した。 再びヴェトナムに赴いたダニーは狙撃ティームに編入されその上官が練達のスナイパー、ボブ・スワガーだった。

 ダニーとボブの狙撃ティーム“シエラ・ブラヴォー・フォー”は幾多の戦闘を勝ち抜く。 が、北ヴェトナム軍を支援するソ連は超人的な射撃技術と精神力を持つスナイパーを送り込んで来たのだ。 ボブ・リー・スワガー海兵隊一等軍曹対謎のロシア人スナイパーの狡知を極めた闘いが繰り広げられる。 だがこの闘いはダニーを失ったところで中断されることに…。 そして永い時間が経過し舞台は米国国内へ移る。 ひっそりと牧場に暮らすボブ・スワガー一家を狙ってあのロシア人スナイパーが現れた。

メモ:
 プロローグでいきなりボブを狙撃!?まいたいな。 それから過去に物語は飛び、ヴェトナムへ。
 スポッターだった相棒ダニーに関するエピソードの前振りが長いといえば長いか?
 そして、物語はスパイの話になっていく。
 

 
人気ブログランキング
最新コメント
プロフィール

マラディエ

アクセス
  • 今日:
  • 累計:

楽天市場
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
記事検索
カテゴリー
  • ライブドアブログ