オッさんの備忘録 (ダダを捨てろ!)

一日一麺・アル中ハイマのおッさんの備忘録 読んだ小説や食べたものなどをメモします

007

007 白紙委任状 ジェフリー・ディーヴァー

作品:007 白紙委任状 文春文庫 2014
作者:ジェフリー・ディーヴァー
内容:「BOOK」データベースより
 “金曜夜の計画を確認。当日の死傷者は数千に上る見込み”。 イギリスへの大規模テロ計画の存在が察知された。 金曜までの6日で計画を阻止せよ ― 指令を受けた男の名はジェームズ・ボンド、暗号名007。 攻撃計画の鍵を握る謎の男を追って彼はセルビアへ飛ぶ。 世界最高のヒーローを世界最高のサスペンス作家が描く話題の大作。


 イギリスへのテロ攻撃の鍵を握るのは、“アイリッシュマン”と呼ばれる謎の男。 精緻な計画と臨機応変の才で知られるその男は、ボンドの手を逃れ続ける。 ロンドン、ドバイ、南アフリカ ― ボンドが決死の追撃を続ける一方、テロ実行の金曜日は着々と迫る。 巧妙に擬装されたテロ計画の全貌をボンドは暴けるのか?

メモ:
 セバスチャン・フォークス作品に次ぐジェフリー・ディーヴァー作品。
 しかし、この1作のみ。
 このところ、マイクロプラッチックが世間を騒がせているけど、廃棄物処理業者がテロを計画?と思いきや...。 ネタバレだな。
 スタバがプラのストロー止めます、とは言うものの、テイクアウトのプラのカップを止めます、とは言わないのは、単なるパフォ-マンスだなと。
 化石燃料などを使った生活を享受しながら、「○○反対!」と声高に叫ぶようなもんだな。 ちと違うか? まあいいか? また、脱線だ~。

007 デヴィル・メイ・ケア セバスチャン・フォークス

作品:007 デヴィル・メイ・ケア 竹書房文庫 2012
作者:セバスチャン・フォークス
内容:「BOOK」データベースより
 ユリウス・ゴルナー ― 権力にとりつかれた自らのエゴ以外には何者にもしたがわず、どこまでも強欲で、そして英国の心臓を破壊しつくすためには、手段を選ばない男。 パリのわびしい郊外でおきた残酷な処刑に続いて次々と起こる事件は、地球的規模の惨事に一直線につながっていく。 60年代の英国に大量に流れこむ麻薬。 旅客機がイラク上空で消息を絶ち、近づく戦争の雷鳴が、中東にこだまする。 一方、007ことジェームズ・ボンドは、上層部から“引退か、続行か”の結論を出すようにとの勧告を受け、長期休暇を取っていた。 しかし、事態の急変によって再び一線へと戻ることとなる。 そして、協力者としてあらわれた美貌のパリジェンヌ、スカーレット・パパヴァと共に、これまでで最も危険な敵 ― 悪魔本人と踊ることさえいとわない男 ― と生死をかけた闘いに挑む…。

メモ:
 レイモンド・ベンスン作品に次ぐセバスチャン・フォークス作品。
 しかし、この1作のみ。
 犯罪者?テロリスト?として描く場合に、身体的に特徴がある人物を登場させることが多いが、こちらも身体の一部に象徴的な特徴を持つ敵として描いている。
 あまり脈略はないが、フィリックス・レイターやルネ・マティスも登場。
 また、別のダブル・オーが主要な人物として登場する作品も珍しい。
 結末がなんだかあっけないのがもったいないかな。

007/ファクト・オブ・デス レイモンド・ベンスン

作品:007/ファクト・オブ・デス 角川文庫 2004
作者:レイモンド・ベンスン
内容:「BOOK」データベースより
 LAと東京で正体不明の疫病が勃発。 その強力な感染力の前に死者は増加してゆくばかり… 一方、民族紛争に揺れるキプロスで、化学兵器を使った連続テロが発生。 現場に必ず数字を書き残す“ナンバー・キラー”の正体は? ギリシャに飛ぶボンドだが、敵の魔手は英国にもおよび、思いもかけぬ人物が犠牲になった! 手がかりを追うボンドは、旧友ライターの待つテキサスへ。 そしてふたつの事件が重なったとき、ついに恐るべき計画の全貌が姿を現わした! 化学兵器を駆使し、細菌兵器を操る、恐怖のカルト教団との対決。 世界の火薬庫に危機迫る。

メモ:
 レイモンド・ベンスン作品の第3作目。
 あまり脈略はないが、久々にフィリックス・レイターが出演。
 また女性部長のMに恋人がいるという設定も、映画のMを想像してしまい、違和感が残る。
 ギリシャとトルコの対立については、あまり情報が頭に入ってなかったんで、少し勉強になったかな?

007/赤い刺青の男 レイモンド・ベンスン

作品:007/赤い刺青の男 ハヤカワ・ポケット・ミステリ 2003
作者:レイモンド・ベンスン
内容:「BOOK」データベースより
 世界を震撼させる新手の細菌テロか? 東京発ロンドン便の機中で若い女性が高熱を発して急死、日本で製薬会社を営む彼女の家族もまた東京近郊の自宅で同じ症状を呈して死亡した。 遺体には蚊の刺し痕が…事態を重く見た日本情報部の要請で、英国情報部はジェイムズ・ボンドを日本へ急派する。 日本では緊急のG8サミットが開催される予定なのだ。 日本へ飛んだボンドは、旧知のタイガー田中と協力して事件の謎を追う。 東京で殺し屋の襲撃を退け、特急列車で一路、謀略渦巻く北海道、そして瀬戸内海へ! 世界転覆を企む巨魁との対決の結末は。

メモ:
 レイモンド・ベンスン作品の第2作目。 実際は6作目にあたるのだけど、翻訳が2番目なのでその順に読んでしまった。
 作品はそれぞれ独立しているので、影響はあまりないかと。
 物語の舞台が日本であるため、イアン・フレミング作品の「007は二度死ぬ」に出てきたタイガー田中も、作品に出てくる。
 映画では、タイガー田中は丹波哲郎が演じたんだよな~と。

007/ゼロ・マイナス・テン レイモンド・ベンスン

作品:007/ゼロ・マイナス・テン ハヤカワ・ポケット・ミステリ 2002
作者:レイモンド・ベンスン
内容:「BOOK」データベースより
 香港で怪事件が頻発し、英中間の緊張が高まった。 追い討ちをかけるように水上レストランで大爆発が起き、多数の死者が出る。すべての事件は、香港に本拠を置く国際貿易会社に関係していた。 さらに、オーストラリアの荒野で起きた謎の核爆発で世界の平和は重大な危機に直面する。 事態打開の指令を受けたジェイムズ・ボンドはただちに香港へ飛ぶ。 だがボンドの目前で、問題の貿易会社のオーナーが爆殺された。 背後に潜むのは中国軍か、それとも犯罪組織か…香港壊滅の大陰謀に007が挑む!
 イアン・フレミング財団公認、007の新たな冒険。

メモ:
 新たな007ということで、レイモンド・ベンスン作品の第1作目。
 レイモンド・ベンスンは6作品書いてるようだけど、翻訳されてるのは4作品。
 この作品を読んで香港返還までの歴史が歴史が少し理解できたような気がする。
 ノベライズ作品は置いといて、ジョン・ガードナー作品より007らしい作品に仕上がってるかな。
最新コメント
プロフィール

マラディエ

アクセス
  • 今日:
  • 累計:

楽天市場
Amazonライブリンク
記事検索
カテゴリー
  • ライブドアブログ